150124-25 (139)

秋植えコンテナ苗の今

150124-25 (137)

秋植えコンテナ苗 順調に生育中

「試験的ではない量のコンテナ苗の秋植えは、東北はもちろん全国的にもまだ事例が多くない」と宮城県幹部の方から聞きましたが、当プロジェクトでは約0.7haの新植を、県職員30数名の研修を兼ねて、昨年10月22日に挑戦しました。1,500本の補植は翌日に森林組合の手で。

コンテナ苗に期待されることとして、「出荷時期と植栽時期が、春に限定されない」という当局や種苗組合の狙いがあります。
狙い通りに行けば、双方に計画設計のゆとりが生まれ、精度・具現化が高まり、復旧のスピードを早めるといえます。

先日わが現場の状況を確認しましたが、今のところ秋植えコンテナ苗で枯れたのは1本。
県庁の皆さんの顔が浮かびました。特に、祈るように植えていた課長さんの顔が。
仙台や岩沼の公共工事の、秋の補植も順調に見えました。

問題はこれからです。今年の春はどんな天候になるか。
冬の間は樹液が止まり、言ってみれば冬眠のような状態ですから、
この報告はあまり重要な意味は持たないのですが、
小まめに定点観測報告を記録すれば、後々の参考にはなるはず。

コンテナ苗は培養土が付いていますが、何といっても細身のカラダ。
突風で倒れたり、ナナメに傾いたり、折れたりするかもしれません。
内部充実度を示す青紫がかった葉の色も、春の乾風、寒風で、真っ赤に染まり、
さらにそれを耐え抜いても、半年後には窒素不足になり、黄緑色やほぼ黄色になるかもしれません。

強く太く生きてほしいと願います。

2015年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
月別アーカイブ

ページトップへ