報告が遅れましたが、今年も3月11日、全国経済同友会の視察団にプロジェクトを視察
いただきました。小林喜光代表幹事ほか72名。毎年のことながら、やはり緊張します。
今年は、岡本全勝(おかもとまさかつ)復興庁事務次官を筆頭に同庁幹部5名も含まれ。
初めての復興庁の方とのコンタクトが、いきなり事務次官とは…

次官が来られると聞いたのは3日前。視察ルートも変更し閖上を通り、かさ上げ住宅などを
車中から視察することになりましたが、別に困惑するようなことではなく、「年に一度の機会、
オイスカの海岸林の視察を通じて、関連する方たち全体が良ければよい」と毎年思っています。
至急、ゲートを管理する各建設会社との調整、当局への情報シェア、ルート実踏を行いました。

こういう時、普段の各セクターとのチームワーク、信頼関係がありがたい。
林野庁は仙台森林管理署の小澤署長、海岸林復旧室の村上室長が、名取市は佐々木市長、
石塚副市長、復興部、生活経済部の幹部が当日対応に乗り出してくださることに。
宮城県庁は議会中。「国も市も来て県の代弁もするので、ご安心を」と。

佐々木市長はこれより3日連続で海岸林の行事に。

佐々木市長はこれより3日連続で海岸林の行事に

朝8時にバスに同乗し説明しながら出発。順調に名取入りし、5叉路を曲がり閖上に入った。
あれ、やられた!道が変わってる。この前までの大通りがない…
迷路に入ってしまったように思いました。
工事の都合で道は変わります。昨日まであった道が突然通れなくなるのです。
ここだけは下見しなかった(笑)でも、港の方の遠くのダンプの動きが見えて、
土手沿いの道に出ればイイと閃き。でも、1分ぐらい時計が止まりました。
そういうときも、岡本事務次官が自らマイクをもって説明を続けてくださって。

肝心のプロジェクトの説明はオイスカがするのですが、今回は圧巻でした。
当局とは合流場所と時間を決めていただけ。打ち合わせは一切なし。挨拶だけと。
しかし、市長、仙台署はともに、オイスカでは決してできない「挨拶」をして下さいました。
一瞬、込み上げてきそうになりました。私は何も説明することがなくなりました。
これが僕らの5年間の象徴でした。

ご一行は車中でも現場でも質問が多くてリズムをつけやすく、あっという間でした。
小林代表幹事からは直接、温かい評価をいただき、あらためて時間をいただくことに。
岡野常務理事からは「今年も東京で報告会をやろう。将来ビジョンの調査も引き続き応援したい」
事務方中核のHさんからは「僕も調査に加わってみたい」と。←「行け!行け!」(常務)

矢継ぎ早に質問が寄せられるのは、ありがたいことでした。

矢継ぎ早に質問が寄せられるのは、ありがたいことでした

今年も3.11は名取で迎えました。毎年、怒涛のようなスケジュールですが。
風もなく、穏やかな日の視察で良かった。

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ