6月は本当にボランティアに恵まれました。その数375人。
7月もその勢い変わらず、6月に迫る人数になる見込みです。
一般募集ボランティアの日は両月とも130人。
「人もお金もこれから数年が大変なのだから頑張らねば」という声をよく聞きます。
心豊かですね。本当にありがたいことです。

リピーターのシェア率も驚くばかり。
3回以上来訪は白腕章、10回以上は緑腕章。
腕章組が増え、力をつけ、仕事は確実に質が上がっています。
2017年植栽地のツルマメの海は相当解消しました。
今年も2度3度と、執拗に抜き取るつもりです。

6月16日 UAゼンセン38名。全国から毎月来てくださります。今年は人数が一段と増加

6月16日 UAゼンセン38名。全国から毎月来てくださります。今年は人数が一段と増加

6月22・23日 住友化学&労組は毎年、労使合同で全国から。写真は「KY(危険予知)活動」

6月22・23日 住友化学&労組は毎年、
労使合同で全国から。写真は「KY(危険予知)活動」

2014年、2015年、2016年の植栽地について、、
植付当年はツルマメ、イヌビエ、メヒシバが繁茂しましたが、あの頃が嘘のように根絶。
部分的に出ている場所があっても、全体としては、目くじらを立てるほどではありません。
植栽地合計約50haは、宮城中央森林組合と松島森林総合の2社で、場所によっては
2回の下草刈りに着手済みです。葛はクズコロン、ニセアカシアはグリホエースの塗布も
行います。

ボランティアは、2017年・2016年の約25haの、中でも草の繁茂がひどい場所に
戦力を集中投下します。まだ何とかしたい場所がたくさん残っていますから。

課題はやはり地元市民の参加。若者の参加。
名取市外からは来てくださるのですが(笑)、まったく私たちの力不足です。
6月30日までJR名取駅連絡通路で写真展をやって、ボランティア参加を呼び掛けてみましたが、
どうもまったく効果なし・・・乗降客数1日2万人とのことですが。
地元の参加。これは本当に難しいですね。一人づつ増えてゆけば良しとします。
まったくいないという訳ではないし、粘り強く、辛抱強く。
7月15日は、個人参加の地元高校生が数名来てくれます。楽しみです。

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップへ