箱根駅伝で優勝した青山学院大駅伝チームも合宿をする千葉県富津岬。
視察した日は、創価大学の陸上部が松林の中を練習していました。
その道沿い、消火水槽の設備が点々とあるのを見つけました。
火事があったのかな・・・と言った途端、
浅野がブログで触れた通り、消火栓の前の木柵が燃やされていた。

気にしなかっただけで、他の海岸林にもあったのかもしれません(千葉県富津岬海岸林)

気にしなかっただけで、他の海岸林にもあったのかもしれません(千葉県富津岬海岸林)

青森の屏風山海岸林でも、敦賀の気比の松原でも、
海岸林に「火気厳禁」「山火事注意」の看板はどこに行っても見られます。
マツの葉は当然燃えやすく、人が来る場所に設置するのは当たり前。
能代の風の松原でも、設置を検討したことがあると。

(香川県さぬき市 津田の松原)

(香川県さぬき市 津田の松原)

「(キノコの一種の)ツチクラゲの胞子が反応して、大きな円状に松を枯らす」と
佐々木統括から教わりました。宮城県石巻市海岸林は、かつて「ツチクラゲ病」が
蔓延したと県庁で聞きました。怖いのはこれです。
ちょっと焚火して、ちゃんと消しますではすみません。

ネットで調べてみると、数年かけて拡大。茨城以北の太平洋岸、山口以北の日本海岸に
菌は生育。40度でも12時間、45度なら4時間で胞子が拡散する。
クロマツ・アカマツ・カラマツ・トウヒ林は被害にあう。
牛糞のような形のキノコ・・・

そういえば警察官に聞いた話ですが、「んー、ボヤと首つりあったね」。
震災前の、名取とその周辺の海岸林のことです。
地元高校の美術部に看板デザイン書いてもらって、協力呼びかけようかな。
実は、空港北の内陸防風林(共有林)の再生を協力したのに、
ゴミ燃やしの延焼で250本ぐらい枯れたこともありました。
燃えた跡、今も残ってます。空港のフェンスも焦がされてました。
本来、森林法、消防法、航空法違反です。

「火には特に注意してる」と管理事務所で聞きました。昔、酒田の大火がありましたし(山形県酒田市海岸林)

「火には特に注意してる」と管理事務所で聞きました。昔、酒田の大火がありましたし(山形県酒田市海岸林)

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
月別アーカイブ

ページトップへ