山仕事の立場から言えば、海岸林は車が使える作業道が圧倒的に多い。
平地ですから、道を設けやすいのは当然です。東京奥多摩在住の森林組合職員が、
「4m/ha。東京の切り立った山では仕方ない。高性能林業機械など入れられないから、
昔ながらの伐り出し方法ばかり」と宴会で嘆いていたのを覚えています。
片や、宮崎県諸塚村では2007年時点で60m/ha。道を入れられる場所を選んで、
経済林を作ってきたからです。お昼は家に帰って、温かいものが食べられます。
東京や神奈川では、車にたどり着くのに徒歩1時間などざら。屋内で昼食などありえません。
いつも焚火を前に、辛うじて保温の弁当箱で。

「①排水溝  ②防風垣  ③作業道  このインフラが揃わない限り、海岸林は難しい」
襟裳岬海岸林200haを40年来守ってきた、ひだか南部森林組合幹部の言葉です。
「毎年手入れが必要な場所は、重点的に道を増やしています」
そういう場所は300m/ha以上か??正確な距離は分からなかったが
路網が充実しているのは間違いなかった。

では、名取100haはどうか。
設計された林業用作業道は、多目に見て11,000m。
市の自転車道4,000mは、作業道も兼ねて使用可能になる模様。
自転車道を入れれば、ざっくり150m/ha。
最内陸側に道が無いこと(将来松くい虫薬剤地上散布に難儀)と、
パンツ一丁での渡河箇所、盛土上の東西道不足のなど、
難儀することもあると言えばあるのですが、満足しなければと思っています。

能代市風の松原 作業道とサイクリング・遊歩道兼用の道が縦横に設置。案内表示が林内に多数 市民を積極誘導してもゴミなし

能代市風の松原 作業道とサイクリング・遊歩道兼用の道が縦横に設置。案内表示が林内に多数 市民を積極誘導してもゴミなし

三沢市国有林・民有林復旧現場の作業道

三沢市国有林・民有林復旧現場の作業道

唐津市虹ノ松原 市民を積極誘導してもゴミなし

唐津市虹ノ松原 市民を積極誘導してもゴミなし

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
月別アーカイブ

ページトップへ