溝切りその後のその後

2018年5月15日( カテゴリー: 現場レポート )

4月16日の植付が始まって以来、断続的に81㎜の降雨がありました。
よく降ったというほどではないのですが。普通です。
3月・4月のボランティア総勢200人以上で「溝切り」(排水路づくり)
をした場所、巡視の度に必ず見ています。気になって仕方がないので。
でも、そのたびに「感激」というか、ほとんど「快感」。
よく水が流れた。その跡がくっきり。うっとりします。
出来は上々!200人の皆さんの奮闘にただお礼を言いたいです。

2015年植栽地南西端。0.7HAに無数の溝を設けました。一番作業が厳しいタイプの土壌。まだ完成ではありません。今春ようやくしっかりした穂をつけ、改善の兆しを感じました

2015年植栽地南西端。0.7HAに無数の溝を設けました
一番作業が厳しいタイプの土壌。まだ完成ではありません
今春ようやくしっかりした穂をつけ、改善の兆しを感じました

今日もUAゼンセン参加者でクラレ労組岡山支部の方に言われました。
「今までで一番きつかったけど、また必ず行きます」と。

これからまだまだ、徐々に、より良い仕上がりにしなくては。
高低差があまい箇所があるので。

今後はどういう手順で、どこをどう取り掛かるかどうか、どう溝を切るか、
行政のプロや、森林組合の現場代理人、松島森林総合と一緒に思案中です。
1年前と比べて土壌の緊密度が増しているように見える場所もあり、
毎年微妙に違うようにも見えます。

2016年植栽地。今まで5年で一番長い40Mの手作り排水路。これを何本でも作るつもりです

2016年植栽地。今まで5年で一番長い40Mの手作り排水路。これを何本でも作るつもりです


溝切りは同じ場所を何年もやるわけではないです。
ある程度マツが育てば「卒業」出来ます。そこまでは辛抱。
2014・2015年植栽地は、ほぼすべて卒業です。
今後のターゲットは主に2018年と2016年植栽地。

ツルマメ抜き取り、下草刈りに全神経を注いだ去年と違い、
今年は溝切りにも力を注ぎます。
昨日のブログで触れた「穂」の伸びが悪い場所を見ると、
いまに見ていろ、必ず何とかすると思ってしまいます。

ボランティアの方に奮闘をお願いすることになります。
6月は満席になってしまいましたが、7月以降はまだ大丈夫です。
ぜひご協力ください。

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ