ヤナギ科??

2018年11月19日( カテゴリー: 現場レポート )

広浦沿いの低地部分、特に多湿地帯限定で、昨年からヤナギ科が多数侵入しています。
ヤナギ科は、クロマツが大きくなるまで、当然、林内では下刈・除伐対象。
名取市海岸林の南半分では、これまでほぼ見かけません。

2016年時点で、クロマツ林内では、300種類以上の草や樹木が確認されています。
その中でもヤナギ科と思われるものの種類が多い。
協定区外で、3mぐらいになった外来種ウラジロハコヤナギ(ギンドロ)も1本発見。

とにかく根が浅い。水平根。
これでは海岸防災林には適さない。

萌芽力も強い。
上に伸びてくるので、下刈で確実に刈られますが、萌芽してきます。

「ここはヤナギしか生えない」という場所があり、試しに移植してみましたが、
森林組合の作業班に伝えるのも忘れるぐらいなので、刈られてしまった(笑)

私は、どれがヤナギ科かぜんぜんわからないので、追々の宿題にします。

DSCN3959

DSCN3951

DSCN3937

DSCN3915

DSCN3913

DSCN3906

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
月別アーカイブ

ページトップへ