旧野蒜駅と新野蒜駅

2019年4月26日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
ボランティアの日の翌日に久しぶりに東松島に行ってきました。
東松島市は東日本大震災での死者が1,000人を超え、いまだ行方不明者が24人もいます。
その中でも特に被害の大きかった野蒜(のびる)地区。
野蒜駅はその隣の東名駅とともに津波に飲み込まれました。
上り電車も脱線し、電車に乗っていた人たちが逃げた指定避難所も津波に飲まれたそうです。
下り電車は止まったところが小高い丘だったため、全員が無事だったそう。

野蒜地区のほとんどは津波防災区域(災害危険区域)に指定され、野蒜ヶ丘と名称を新たに高台へと移転されました。野蒜駅と東名駅も一緒に元の駅から内陸に500m、海抜22mの高台へ。2015年5月にJR仙石線は全線開通しました。

野蒜ヶ丘MAP

野蒜ヶ丘MAP

現在、旧野蒜駅は震災復興伝承館になっていて、旧野蒜駅のプラットホームだけ、震災当時のまま残っています。
ここには「3.11」と当たり前のように使われているこの言葉を、過去のものにしない為に…と

・震災の記憶
・復興への希望
・感謝の心
・ふるさとへの思い
・東松島の未来

という5つのメッセージが込められているそうです。

震災メモリアルパーク

震災復興メモリアルパークの中に伝承館があります

新野蒜駅はちょうど旧野蒜駅の真上に当たるそうです。
たまには名取だけじゃなくほかの地域にも行かなくちゃいけないなぁと思いました。
ぜひ、皆さんも復興の軌跡を見に行ってみてください。

旧野蒜駅

旧野蒜駅

新野蒜駅

新野蒜駅

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ

ページトップへ