アドバイザーの小林です。

名取の海岸では12日から今年も春の植栽が始まりました。
一番南の、かつて北釜集落があったあたりの1.57ha、7,850本の苗を16日までの5日間に数人の職人さんたちが
植えていきます。予定地は思ったより広い印象でしたが、一年に15haの植えつけをやっていたことを考えれば
ほんのわずか。秋に2.2haを植えれば、名取の海岸林の植えつけは終わり、ということになります。

今回の植栽地は、もともと松林だったわけではなく、震災前には乗馬クラブや住宅があった場所が含まれています。
つまり、ちゃんと成長すれば震災前より海岸林は大きくなり、その分防災機能も強まることが期待されているわけです。
植栽初日朝の例年の光景ですが、現場責任者の佐々木廣一統括が、集まった職人さんたちに植栽の技術的な
ポイントをはじめ、マツの性質や現場の気象条件などを詳しく説明します。
毎年口を酸っぱくして強調するのが作業中の事故防止のための心得。
佐々木統括は最近、宮城県警や仙台地検の求めに応じて林業中の事故の責任の所在などについての考え方を
アドバイスをしたそうです。今回はコロナ対策を含め、長い時間をかけて職人さんたちの頭に事故防止に
必要なあれこれをたたき込んでいきました。

毎年恒例の佐々木統括(右)による造林講習

毎年恒例の佐々木統括(右)による造林講習

一方で、育苗場では名取市海岸林再生の会のメンバー5人が苗木の出荷に追われていました。これも毎年の光景。
コンテナポットから苗を引き抜き、よほど育ちの悪いものはよけて20本ずつ袋につめていきます。
今年の苗は、去年夏のちょっとした手入れの加減で伸びすぎてしまい、根鉢がもろいものがあるということでした。

再生の会の出荷作業。今年は苗木の背が高い

再生の会の出荷作業。今年は苗木の背が高い

植栽現場では、佐々木統括が見本を見せた後、作業が始まりました。ことしは職人7人のうち3人が新人。
みなプロとして木を植えるのは今回がはじめてだそうで、鍬のふるい方がおかしい、穴が浅すぎる、深すぎる、
植えたマツの列が曲がっている……さまざまな叱正を受けながら、縦横1.4m間隔で苗を植えました。おさらいですが、
この間隔で正方形のように植えていけば、1haあたり5000本になります。(100÷x)²=5000 X=√2 
ざっと1.4mというわけです。他の地域の海岸林には、縦横2mと1mの長方形のように植えているところもあります。
これでも1ha5000本です。

職人さんにお手本を見せる佐々木統括(中央)

職人さんにお手本を見せる佐々木統括(中央)

植え方が、活着するかどうかだけでなく、今後の成長や木の強さにもかかわっていくからこそ、
プロの技術が必要です。マツとともに、新人さんたちも成長していくということでしょう。
はじめて若い女性が一人いたのは時代でしょうか。
 
現場の盛土工事は昨年行われたばかりで、砂も均質、造成当初はふわふわした感じだったのですが、
もう、場所によっては足跡もつかないくらいに固くなっていました。
「見た目より固い!」「雨降って地固まる、だね」「まるで日干しレンガだ」。そんな声も飛び交っていました。
さまざまな土質に対応しながら、効率よく作業を進める技術もプロには求められます。

新しい盛土の上に植栽。防風柵もまだきれい

新しい盛土の上に植栽。防風柵もまだきれい

みなさんの生活圏で普段目にするマツがあると、この時期、先から薄茶色の芽(頂芽)が空に向かって
伸びているのが分かると思います。盛夏には成長が止まるクロマツにとっては、今まさに成長の真っただ中。
海岸でも、ボランティアの人たちが格闘したツルマメクサなどマツの成長を妨げる草は目につかず、
むしろマツの勢いが印象的でした。

古い防風柵の片付けも始まっていた。奥のマツの先には芽が伸びているのがわかる

古い防風柵の片付けも始まっていた。
奥のマツの先には芽が伸びているのがわかる

もう一つ、現場の大きな変化は秋に再建されてオープンするサイクルスポーツセンターでしょうか。
ことしの植栽地とは反対に、海岸の一番北側、閖上地区で工事が着々進んでいます。
吉田部長のブログにもありましたが、サイクリングロードの舗装は終わり、柵も完成していました。温泉があって
宿泊もできるメーンの建物も外観を現しました。フットサルコート、バスケットコート、スケートボード場もあります。
震災前にはプールがあったのですが、これまた時代なのでしょうか。 

この建物では宿泊も可能。温泉も出る

この建物では宿泊も可能。温泉も出る

右がスケートボード場、左奥にバスケットコートとフットサルコートがある

右がスケートボード場、
左奥にバスケットコートとフットサルコートがある

海岸林の中のサイクリングロード

海岸林の中のサイクリングロード

2020年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月別アーカイブ

ページトップへ