2013年に巨大サイクロン「ハイエン」がフィリピン中部を襲ったこと、ご記憶にあるかと思います。レイテ島タクロバン市の名前が知られました。

オイスカの「子供の森」計画実施校、養蚕プロジェクト、マングローブ、水源地造林など1970年来のプロジェクトが、無数というぐらい集中している地域です。

オイスカの「子供の森」計画実施校、養蚕プロジェクト、マングローブ、水源地造林など1970年来のプロジェクトが、無数というぐらい集中している地域です。

これまで日本でも苦労して造った海岸防災林が、継承力のなさや無知により、機能をわざわざ弱めるように開発された例は多々あります。世界と同じです。海沿いギリギリまで人は土地を求め、マングローブは切り倒されました。荒れ地になったいまも、土地の権利関係はとても複雑で、タイでは、悪質な不法占拠者に対しては裁判を起こしででも、あるべき姿に戻そうとしています。防災機能を高めるために造林出来る「公有地」は限られるのが実態なのです。

そんななか、東京本部海外事業部の長部長や清藤先生たちは、マングローブを植えられない砂浜海岸でも、小砂丘かつ貧栄養土壌のわずかなスペースでも「海岸林」なら出来るのではないかと考えました。

オイスカフィリピン会長は名取に2度来訪。毎回作業参加。被災地域の首長で、フィリピン市長会会長。

オイスカフィリピン会長は名取に2度来訪。毎回作業参加。被災地域の首長で、フィリピン市長会会長。


実務担当者のみなさんも名取で現場参加。

実務担当者のみなさんも名取で現場参加。


2015年からのNGO連携無償支援事業で、海岸林の前にマングローブを植え、厚い林帯幅をつくった。

2015年からのNGO連携無償支援事業で、海岸林の前にマングローブを植え、厚い林帯幅をつくった。


試験植栽施工後

試験植栽施工後

大きくなるとこういう樹形と根になります。地下水位が高くても、横の粘りが広いので、沿岸防災林として強いそうです。

大きくなるとこういう樹形と根になります。地下水位が高くても、横の粘りが広いので、沿岸防災林として強いそうです。

折しもサイクロンの後、1980年代後半にオイスカがモロカボック島(セブ島の西の小島)に植えたマングローブ林が漁村を守ったことが確認されました。マングローブ林の林帯幅が狭い個所でも、砂丘にわずかでも森林があれば防災機能はその分だけ強くなります。マングローブを植えられない場所もたくさんあります。潮流の影響など・・・理由は実にさまざま。海岸林の幅が確保できる場所も少ない。1列、2列・・・という世界も多いと思います。しかし、「これまで行ってきた沿岸部造林はすべて失敗した」(フィリピン天然資源環境省レイテ島担当者)とのこと。まずは、育苗が大事で、その次に植栽方法を確立しなくてはなりません。オイスカでは2015年から3年間、外務省のNGO連携支援無償を活用し、災害に強い森づくりを行うとともに、2016年から2019年まで国際緑化推進センターからの助成をいただき調査研究しており、その成果が公表されております。

資料公開:森林再生技術普及セミナー「3.ヤシ殻等を利用した海岸砂丘林造成技術開発」

砂浜での仕事は暑くて大変とよく言ってました。傘のような帽子が地元で手に入ります。

砂浜での仕事は暑くて大変とよく言ってました。傘のような帽子が地元で手に入ります。

この前、長部長にいくつか質問をしたのですが、造林としてはまだ未解明な点があると知りました。林産物による収益性にも課題がある。ですが、探すのに困らないものを有効に使った低コスト・高生存率の苗木生産方法、植栽方法の解明は有効。この次の展開が楽しみです。

2020年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ