海岸林オタク、富士山に登る

2020年8月14日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。
オイスカは「海岸林再生プロジェクト」以外にも
国内各地でさまざまな森づくりに取り組んでいます。

同プロジェクトと同じ100ha規模(植栽は約4万本)
の植林を行っているものに「富士山の森づくり」の活動があります。

そのプロジェクト名の通り活動地は富士山。

CIMG5051

残念ながら富士山頂は拝めず

「海岸林再生プロジェクト」と同様に、富士山の活動地でも今年は
ボランティアさんを受け入れての活動ができずにいます。

そんな中、担当スタッフが調査活動を行うというので、
吉田と一緒に参加してきました。

後ろの4名が担当スタッフ

後ろの4名が担当スタッフ

この日の道具はこちら。
「海岸林再生プロジェクト」の現場でも調査を行いますが、
この中には、私は使ったことのないものも。

CIMG5078

 

今回の調査は、風などで倒れた苗木の本数を調査するので、
健全な木と倒れた木に色付きテープで印をつけ、それぞれの本数を
2つのカウンターで数えていくのです。

こちらは健全な苗木。
ピンクのテープをつけています。

CIMG5066

こんなふうに倒れてしまったものには黄色のテープ。

CIMG5074
※ちなみに黒いネットはシカなどの獣害対策用。
途中、こんなふうに林内に落ちている枝の皮が
シカに食べられた跡をみて、ネットの必要性を実感。
周りにはシカのフンが大量に落ちていました!!!!

CIMG5107

吉田は作業着のポケットにこのテープを入れて作業へ。

CIMG5059

……が、ここでも何かを見つけて写真撮影。
キノコではありません。キツネでもありません。

CIMG5094

カメラの先にいたのはちょうちょ。
アサギマダラだと担当スタッフから教えてもらいました。

CIMG5096

羽根を広げると本当にキレイ!
CIMG5083
私が一番面白かったのはこれ。
CIMG5111

何だと思いますか??

実はこれ、吉田の靴の底。
CIMG5113
久しぶりに履いた靴で劣化が進んでいたようで、
両足とも底がはがれてしまいました(笑)

そんな吉田が最後に見つけたのは……
CIMG5121
なんと、シカの頭蓋骨!
越冬できずに死んでしまったシカでしょうか?
海岸林の現場でも動物の骨を発見しては嬉しそうにしている吉田。
ここでも最後にシカと遭遇できて満足そう。
CIMG5122

富士山で進む森づくり活動。

今日は吉田の活動の様子を中心にお伝えしましたが、
現場の様子をぜひ知っていただけたらと思います。

富士山の森づくり推進協議会Facebook

2020年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ