H27春、第1次植栽完了.そして今は「乾燥状態」

2015年4月30日( カテゴリー: 現場レポート )
DSC_0236

後列「植栽班」宮城中央森林組合、前列「苗の出荷班」名取市海岸林再生の会。全員の集合写真は必ずブーイング。 出勤の全員を撮るのも至難。(一所にいない)

毎日植栽レポート書きたかったのですがスミマセン。

4月21日~28日AMまで、日曜を除く6.5日間で、今年度植栽予定の海岸林植栽5.37haの植栽を終えました。植付補助要員を含め、131.5人工。
連休後は、内陸防風林1.62ha、植樹祭(5月23日)の2.02ha。
今年度春は、3段階の仕事となります。

森林組合、再生の会、オイスカと連日40人体制。
森林組合の職人さんは半数以上は去年から顔なじみ。
「立て板に水」のように事業は進みました。

DSC_0030

植栽地全景はドローンでも飛ばさないと収まらない。

現場は「乾燥状態」。
4月中旬に「過湿状態」をレポートしましたが一転。
今度は4月15日の大雨以来、一度も雨が降らない、この先も5月7日まで22日間、雨が降らない見通しです。
昨年春の降雨なしは「16日連続」が最長です。

28日に掘ると土は湿っていました。
植えたばかりの苗が、乾燥を凌いでくれることを願っています。

DSC_0002

今年の植栽地は、このような幅20mの列が7列×約1km

連休明けにまた再会しますが、
職人さん、ありがとうございました。
深植え、無くなりましたね。

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ

ページトップへ