2015年7月31日( カテゴリー: 現場レポート )

ボランティアの日、皆さんにつぼ刈りというやり方で草を刈って
もらっています(見事なつぼ刈りの写真はこちらのブログをご覧ください)。
苗木の周りだけを刈り取り、それ以外のところは残しておいてもいいのですが、
神経質なまでに摘み取らなければいけないのはツル性の草。

CIMG8171 例えばこんなもの。
下の写真のように完全にマツの苗が巻き付かれてしまっていたらすぐに分かるのですが、まだツル状に伸びていないものは分かりにくいかもしれません。でも、あっという間にツルが伸びて、このような状態になってしまいますから、皆さんには葉の形などよく覚えてもらい、小さなうちに摘み取ってもらいます。

CIMG8124

 

 

今年新しく出てきているツルはこちら↓
ツルの色を見てムカゴがつく、ヤマノイモのような感じがしましたが、葉の形が違うようです。ムカゴも食べたいですが、つる性植物は我らが敵。徹底的に排除しなければなりません。どんな小さくても見逃さず、根っこから引き抜く!
リピーターの方々はツルを見つけてはやっつけてくれていて、心強いです。
CIMG8170

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ