139回目の名取出張

2016年2月29日( カテゴリー: 現場レポート )

年に数往復だけ、車で東京から名取に行く。荷物満載。写真展設置・撤去の時が多い。
3月1日~30日までの、JR名取駅の無料市民ギャラリーでの開催準備です。

6時間の車中一人。まず平均時速を決める。大概、何かテーマを考えながら運転する。
何もアイデアが浮かばない時もあれば、メモばかり取りたくなる日もあれば。
ほぼ無心。トイレにもほぼ行かない。ハズレのアイデアも多いが、
往路は2つ大事なことに気がついた。

常磐道全通後は、東北道ではなく、遠回りでも、雪の心配も路面凍結も少ないこの道を使う。
なんとなく原発の区域を通ってしまう。避難区域はとにかく真っ暗だ。
高速からは原発は遠く離れてまったく見えない。

福島と宮城の県境が近づき、南相馬まで来ると、明かりがよく見える。
今夜は相馬の火力発電所の水蒸気が真横に流れて見えた。暴風、横殴りの雪。
気温は0度。積もるほどではない雪でも、ワイパーは動かしっぱなし。

宮城に入ると、津波ゾーンに復旧された広大なハウス団地の明かりが飛び込んでくる。
下り道から見える夜景は本当にきれいだ。いつも家に帰ってきたみたいにほっとする。

名取に着く。今夜も再生の会・鈴木会長の旧宅は、ライトアップのない城のよう。
漆黒を背景に、不気味な重量感で座って見える。
この前、羽生結弦さんがここに来たらしい。

車はまったく走っていない。自分以外誰もいない。

寝る前に、あとちょっとだけトレーニング。
大阪マラソンは遥かに遠い。走る以前の問題のカラダ。
今日は丹田と、腹式呼吸を意識し、携帯アプリ「高橋尚子のフォーム診断」をしながら。
ウォーキングは体幹の使い方が悪いらしく、55点以上いかないけど、
ちょっとだけ走ってみて、初めて診断したランニングでは77点。
漆黒の雪の中で、高橋尚子に笑顔でOKサインされても、ぜんぜん嬉しくない。

139往復目の出張も重要ミッション。充実した出張にしてみせる。
ものすごく気合の入った名取入り。

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月別アーカイブ

ページトップへ