第1育苗場の苗の様子

2012年7月11日( カテゴリー: 現場レポート )

プロジェクト担当の吉田です。

7月7日、残念ながら雨の中でしたが、
世界防災閣僚会議in仙台の専門家ワークショップ一行約30名を
被災海岸林、工事中の防潮堤遠望、現存する全壊住居、地盤沈下した
ビニールハウス団地跡地、オイスカ第1育苗場を案内しました。

写真は大雨が降る前日の様子です。

手前4列がクロマツ、その向こうはマツでなく、「枝豆」です。

今日、種苗組合の金澤専務がお見えになって、
「前からやっているプロと全く同じ成果」と評価していただきました!
東京でなく、こっちに来いとも言われ・・・(苦笑)

 

 

 

 

 
 ↑今年の3月に播種をしたクロマツの苗        ↑4月に植えた1年生の苗

この日は、第1育苗場班長の大友さんや、杉が袋北地区の森さん、
現場統括の佐々木さんと「とんちゃん」(ホルモン焼き)でした。
その後は、経費節減のため、いつも通り、佐々木さんと事務所横の休憩所に泊りました。
これがいいんです。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ