いつもの分業中。ツルマメ抜き取りも快進撃

2017年7月10日( カテゴリー: 現場レポート )

6月は例年の半分程度しか雨が降りませんでした。
今年の植栽約70,000本のほぼすべてが活着しているのは、そのおかげでもあります。

6月7日から1か月間、460人のボランティアが、マツが見えなくなるほどのツルマメ・雑草地帯の先陣を
ボランティアが担当。今期植栽地約14haのうち3分の1を完了することが出来ました。
松島森林総合の佐々木勝義さん、鈴木純子さん、地元市民の大槻壽夫さんという大ベテランと
オイスカ海岸林チームが指導につきます。ボランティアパワーも増強していますが、指導側も増強。

6月22・23日の住友化学・労組合同チームは、実質1.5日もツルマメと戦いました。
7月に入り、JR連合31名、アメリカ人高校生20名、オイスカ豊田推進協議会29名が
ツルマメの海との格闘を続行。JR連合は、どう考えても歴代最高の仕事のスピードでした。
こちらが唸るほどの。まず会長自ら黙々と。聞こえてくる息遣いは林業会社時代を思い出しました。

7月1・2日 JR連合31名。もう15年のお付き合いをさせていただいています

7月1・2日 JR連合31名。
もう15年のお付き合いをさせていただいています

7月3・4日 豊田市近郊のオイスカの会員さん29名。海岸林はもちろん、日常的にオイスカ全体を支えてくださっています

7月3・4日 豊田市近郊のオイスカの会員さん29名。海岸林はもちろん、日常的にオイスカ全体を支えてくださっています

プロチーム宮城中央森林組合がボランティアに続きます。
今年もお盆までに2016・2017年の約25haの1回刈りは完了する目途が立った気がします。
もちろん、2014・2015年の約26haは、松島森林総合が、ニセアカシア・葛の薬剤枯殺などを担当。
ススキやセイタカアワダチソウなど、草丈の高い場所も下刈します。

昨年のニセアカシアは、多少の残党はあるものの順調に枯殺しました。
問題は葛。これまでは薬剤を使ってこなかったので、依然旺盛。
ともに、刈ったその場で、切り口にそれぞれに合った薬剤を塗布します。
これはプロの仕事です。

再生の会は引っ越し作業に専念。
7月4日、新しい事務所に入居。電話・電気もつながり、明日は飲める水道です。
育苗場では、宮城中央森林組合の手を借り、空中断根の準備開始。
次の焦点は、倉庫の移転です。

相変わらずオイスカ名取は賑やかです。

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ