今年も完徹!~今期下刈は終了しました~

2017年10月13日( カテゴリー: 現場レポート )

おかげさまで、50haの下刈(ツルマメ抜き取り)はすべて完了しました。
成績表としては100点満点とは言いませんが、95点以上と思っています。

DSC_0050
今年も心ゆくまでツルマメに向き合いました。
6月上旬~10月上旬の4ヵ月で1,400人のボランティアはツルマメ抜き取り以外
一切してません。今年の植樹祭の植栽地など、年3回抜いた場所もあります。
それに加えて、プロの2回刈り。

10月6・7日、最後の2日間は、UAゼンセン40名、公募ボランティア107名で、
2017年植栽地の半分弱、およそ6haを一気に総点検。

5,100本/ha×6ha÷148人=・・・

つまり、405㎡、一人当たり206本のお世話ということになります。
ワゴン車で例えれば、50台分ぐらいでしょうか。
DSC_0058

総点検で相対するツルマメは、時に巨大。
1本の根から畳一枚ぐらいの広さで、はびこっています。

抜き取ったツルマメを地面に積み上げると、ときに「アリ塚」のように。
置く場所が足らないから、防風垣に掛けると、お化け屋敷のように見えます。
私たちだけが知る「珍みやぎ100景」。

DSC_0059

ツルマメに埋もれ、被圧され少し変形し、色が僅かに変色し、
枯死寸前というクロマツも、最後の最後で救出。

ちなみに、成績表のマイナス5点は・・・
プロを短期間で多人数揃え、最適のタイミングで一気に投入できなかった点。
1周すべて終わらせたと思ったら、最初の場所はもう茂っている。
プロはオイスカで抱えているわけではないので、
こればかりは仕方ないのですが。

DSCN1847

文字通り「プロをボランティアが補完した」と私は思っています。
ご尽力いただいた人すべてに、心から御礼申し上げます。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ