1ヵ月ぶりの名取

2017年11月9日( カテゴリー: 現場レポート )

えりもでは、64年の苦闘をいま引き継いでいる、ひだか南森林組合の木村参事と再会でき、
その木村さんのおかげで、地元の皆さんからも分け隔てなく自然に受け入れていただき、
一行6人、口を揃えて「いい出張だった」と。

皆、ミッションを分担して現地を凝視し、戻った後も報告書を分担しています。
数々のご配慮をいただいたえりもの皆様に心から御礼を申し上げます。
このブログでも触れてゆくことになると思います。

新千歳空港では、東京本部海岸林女子から銘柄指定のお菓子を試食でついばみながら、
土産屋に2時間もいてミッション完了。珍しく、疲れないお買い物でした。美味しかった。
あとは報告書と、次の日全員声がおかしくなるほど歌い続けた、えりものスナック代の送金。
どういう訳か、その場で払っていなかった?!
なんで??

東京経由で1ヵ月ぶりに名取に帰ってきました。
今週は2件の視察対応と、諸々の現場管理。
今日は立冬。歩いて歩いて、歩きまくります。

この間、月間降水量としては2011年以来2回目の、355mmの雨が10月に降り、
2016年植栽地の広浦側の盛土が80mにわたって崩壊。
地元の三浦さんや、現場関係者からは連絡が届いていました。

4日で289mm。こういうことも起こる。今後も十分あり得る

4日で289mm。
こういうことも起こる。今後も十分あり得る

川向うの調査地に渡るためには1km近く歩かねばならないため、今日は脱ぎました。困るのは私なので、対策を考えなければ…

川向うの調査地に渡るためには
1km近く歩かねばならないため、今日は脱ぎました。
困るのは私なので、対策を考えなければ…

暴風の被害としては、2014年、2015年のマツは相当「風で回された」らしく、根元周りに隙間ができているものを、さっきたくさん発見しました。
今まで時々見てきたものとは数が違う。
えりもで学んだ「根踏み」は春先にやる。
この時期の被害だとどうなのか・・・

えりもの報告と、名取の報告、またブログ頑張らねば。
明日から寒くなりそうです。

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページトップへ