土井亨復興副大臣のご視察

2018年2月19日( カテゴリー: 現場レポート )

2月9日、土井亨復興副大臣から現場視察のお申し出をいただき、
林野庁仙台森林管理署、宮城県、名取市、再生の会、オイスカという
14名で説明対応しました。復興庁からは副大臣含め計5名。
風もなく、寒くもない日でホッとしました。

ゼロ歳児保育の育苗場から、過去の各年度植栽地をすべて、これからの植栽地も、
そして120年以上の残存クロマツも順々に視察。ご一行は、行政マンとして
ぜひ知ってほしいこと、極めて大事なことに、じっくり耳を傾けてくださった印象です。
本当に良いタイミングに来ていただいたなと説明側一同が思っていると思います。
副大臣が行こうと考えてくださったという日から、わずか7日で実現。
現場実務もさることながら、全体運営システム、寄附、ボランティア、市民・社会との関係
への関心が強かったと感じています。

もう一つ良かったのは、説明側の集結すべき「チーム」が集まったこと。
小さな出来事かもしれませんが、私にとってはこれも縁、これも運。
今日は、「運はまだ逃げていない」と実感しました。

視察が終わったら終わりではなく、始まりにしなくてはならない。
大事なご縁は大切にしたいと思います。

O

DSCN1696

DSCN1697

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ