Behind the camera  ~宮城8年目。たくさんの人を思い出しながら~

2018年3月10日( カテゴリー: 本部発 )

オイスカ宮城県支部は、仙台駅から徒歩10分。

総合商社カメイ株式会社の協力で、一等地のオフィスビルの一室をお借りしています。
1階にはFM局のスタジオがあり、窓越しに見える出演ゲストを見る人が絶えない場所です。
7年以上宮城に来ていますが、200回とは言いませんが、どう考えても100回は来た勘定。

「止まり木と思って、コーヒー飲みに来な」

1994年、新人駆け出しのころ、経団連自然保護基金の初代事務局長代行の古武さん
(いまオイスカ会員、首都圏支部役員)から言っていただきました。
「止まり木」。いいこと教わりました。
失礼ながら、いま、宮城県支部は私の止まり木でもあります。
おやつを食べながら、支部で購入している河北新報の「まとめ読み」も時々します。

宮城県支部事務所

宮城県支部事務所

オイスカ創立60周年の2021年に、宮城県支部は40周年を迎えます。
今年度、震災前と比べて会員数は倍増。200件を超えました。その原動力はチーム力。
会員の会合出席率、活動参加率など、直接接触率の高さは支部事務局の特長。
目に見えない地力があったから会員倍増に至ったと思います。

オイスカ職員が海岸林の現場に来る時は、時間が許す限り入れ替わり立ち代わり
支部に立ち寄り、ちょっとしたパソコンの操作から何から、なにか役に立とうと。
宮城に来れない本部職員も、日常業務の電話などのやり取りで、
温かく、尊敬と敬意に溢れた対応をしてくれます。
本部と支部のコミュニケーションの濃度は理想に近い。

小野事務局長。オイスカ歴は20年以上

小野事務局長
オイスカ歴は20年以上

加藤事務局次長。加わっていただいて1年。ご苦労おかけしています

加藤事務局次長。加わっていただいて1年
ご苦労おかけしています


「Behind the camera」

カメラに写らない部分。
故見原アイサ オイスカタイ事務局長がよく言っていた言葉。

2011年、もしオイスカが昔から存在しなかったら?
また、宮城に支部が無かったら? 海岸林再生プロジェクトは存在しないはず。

来週12日、オイスカでは全国支部会長・事務局長会議があります。
私はその進行をさせていただく役割になっていますが、震災から8年目に入るいま、
オイスカ宮城県支部に限らず、全国の支部、そして推進協議会という地方組織、
そして、わが同僚職員の力添えをあらためて振り返りながら、
3月11日までの1週間の出張をこなし、全国会議に出たいと思います。

復興8年目に入ります。
今回の出張は、あらためて多くの人のことを想いながら・・・と決めています。

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別アーカイブ

ページトップへ