この1ヵ月降水量わずか10㎜

2018年4月28日( カテゴリー: 現場レポート )

4月21日のボランティアの日は124人が集まってくれました。
今年1年のテーマは「溝切り」。
今日は2014・2015・2017年植栽地の多湿地帯3.5haの改善。
夕方、全体の仕事の後を点検し、仕事の出来に感動し、本当に頭が下がりました。
皆さんありがとうございました。「二度と行かない」なんて言わないでくださいね。
4月16日から連日植栽が続いています。
ベテランは1日6時間で600本植える人がいます。
宮城中央森林組合、再生の会、そして我々も体を休められる日曜日。

植栽の手始めは、防潮堤沿い県有林全長3.5㎞。
防潮堤で海からのストレスは軽減されるものの汀線に最も近い。
土壌はまさに山砂。滞水することはまったくない。
DSCN4821DSCN4829

気になるのは、この1ヵ月(3月23日~4月22日)の降雨のなさ。
2017年は、203㎜降ってぬかるみで難儀しました。
2018年は、10㎜しか降っていません。前年比5%・・・
乾燥注意報が続き、その上、今日は真夏日。

「穴を掘ると気持ち湿っているけど、いい加減降ってほしいよな」
(森林組合ベテラン)

週末は小さい傘マークが出ました。
この乾燥続きでは10㎜未満は雨のうちに入りません。
クロマツですから耐えてくれるといいのですが。

DSCN4844

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
月別アーカイブ

ページトップへ