雨にも雪にもめげず 手渡しパンフ7000、写真パネル展63回(その1)

2018年6月12日( カテゴリー: お助け隊員の声 )

プロジェクトが始まった当初からずっと応援し続けてくださっている川崎市の井上さんから活動レポートが届きました。
この半年間のプロジェクトへの支援活動をまとめてくださいましたが、本当に頭が下がる思いです。
これほどまでに我が身を振り返らず人のために尽くすことができるだろうか・・・??
直接、顔を合わせるわけではないですが、ずっと応援し続けてくれている方がいることをお伝えできればと思います。
以下、井上さんからいただいた原稿をそのまま掲載いたします。

*************************************

川崎市早野聖地公園里山ボランティア・かわさき市民アカデミー 井上文雄

もう春のバラ苑対応自宅バザーが終了しました。なので今回は半年分の報告です。
自宅前バザーでは3日目で寄付金パンフ450部手渡して7千部は到達。追加で送っていただいた8千部目の包装を解き、バラ苑鑑賞の方々に手渡しました。

名取の現場に年1回しか行けない私の応援は次ぎの3つ。
◎ 写真パネル(A4サイズ写真48枚)で進捗報告。(通算63回目)
◎ 寄付金パンフを声かけしながら手渡し。(1000部 通算7000部達成)
◎ 自分で播種・挿し木した花木苗のバザー。全額寄付(自宅前8回目、通算18回目)

1)川崎市早野聖地公園お彼岸バザーに苗木出品と写真パネル展示(52回目)
2017年9/23(土) 川崎市早野聖地公園、寄付金5千円、寄付金パンフ手渡し70部、花木苗は60ポット。閖上に仕事で通っていたという人が、閖上港そばの植栽地の写真を見て声をかけてくれました。
1)-11)-2

 

 

 

 

 

 

2)秋のばら苑開園期間の自宅前苗木バザー・写真パネル展示(53回目)
10/12(木)~11/5(日) 花木苗53品目165ポット。人気はクリスマスローズ 無人の代金箱には2万円(花木の代金1万円、寄付1万円)期間中ほとんど雨で、お客様が激減、寄付金パンフは200部止まりでした。でも「めげるもんですか。先は長いんだ。」

2)

3)高校時代の同期会に写真パネル持ち込み(54回目)
10/20(金) 2年前、袋をもってまわって7万円超の寄付をいただいた同期会。「あれからどうなった?」と数人に囲まれました。集合写真撮影の際に、階段教室で講義するようにA3の写真パネルを見せながら進捗を説明。パンフ持ち帰りは70人中45人いました。

4)かわさき市民アカデミーのフェスタ(学園祭)で写真パネル展(55回目)
11/12(日) フェスタでの写真パネル展は6回目、が、区民祭とかち合い人出が圧倒的に少なかったのが残念。手渡しパンフ50部。当日の募金箱3,000円。でも、今年文化勲章の栄誉に輝いた藤嶋昭理事長がおいでになった際、ゆったり時間をとって写真パネルを示しながら説明させていただくことができました。

5)元職場の同窓会で写真パネル展(56回目)
11/24(金) 福島県二本松市から来た人は「まだ頑張ってんでしょ?」「勿論!」「そう思って持ってきたわよ。はいカンパ」と1万円札を渡してくれました。27名の参加者が1人ずつ近況を語る順番の最後が私。司会の粋なはからいです。パネルを前にしっかり進捗の説明と寄付の訴えが出来ました。手渡しパンフ25部

(……明日に続きます)

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ