あれから20年 ~フィリピンアブラ研修センターデルフィン所長のこと~

2018年6月27日( カテゴリー: 担当者の振り返り, 海外との連携・発信 )

新人駆け出しのころ、フィリピン・マニラから車で10時間の最北部アブラ州、
オイスカアブラ農林業研修センターのデルフィン・テソロ所長との出会いがありました。
オイスカタイの元事務局長、故見原アイサさんと並び、self-reliance(自助努力)
という言葉を身をもって教えてくれた、私にとって師匠といえる方です。
デルフィンさんは6月10日、「子供の森」計画親善大使の引率として、
3泊4日で初めて名取に来訪。ほぼ20年ぶりに乾杯し、たっぷり情報交換できました。

アブラ州は、フィリピン国内でも最も所得平均が低い州の一つでもあります。
長い乾期、雨期は強烈な台風が一月で4つも5つも通過する。
海はなく、平地のない盆地、山は見渡す限りハゲヤマ。

1991年に所長になって以来、隣の南・北イロコス州を含め、
「子供の森」計画として300校に学校林を育てました。
1997年に私が行った時は、1ヵ月で26校の「子供の森」計画の学校を訪ねましたが
山奥の学校で、植えた木に散水するために700mも天秤棒で担いでくる児童を見ました。
隣州へのマングローブ植林とハゲヤマへの植林への挑戦を始めたのも見ています。
いまも深い感動が焼き付いています。オイスカという勤め先でやるべきことが定まりました。

泥付き苗の実演。あのはげ山こそ、この給水ポリマーが役に立つはず

泥付き苗の実演。あのはげ山こそ、この給水ポリマーが役に立つはず

佐々木統括から傾斜地の施肥の位置の説明を受ける

佐々木統括から傾斜地の施肥の位置の説明を受ける

 

 

 

 

 

 
所長は、やはり猛烈に作業したがる。溝切りに熱中。
ついつい勢いで、日比友好「Delfin・yoshida canal」を作りました。
佐々木統括も吸水ポリマーのことなどを実演伝授。
「そうだな、俺も行ってみようかな」と。

気がついたら加わっていた。やっぱり、見ているだけじゃ済まない性格ですから

気がついたら加わっていた。やっぱり、見ているだけじゃ済まない性格ですから

「やりましょう!」この一言、20年前もよく聞いた

「やりましょう!」この一言、20年前もよく聞いた

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから20年。今度は私が恩返しする番だと思っています。
アブラの経験がいま活きているのは間違いないことですから。

近い将来、またコンビ組みます

近い将来、またコンビ組みます

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ

ページトップへ