チーム海岸林の、今日の一言切り取り

2018年7月13日( カテゴリー: 現場レポート )

5月末からずっと、宮城中央森林組合は連日施肥。
今年植えた85,000本分がなかなか終わらない。本当は6月中に終えるはずが。
1本に50g、1人1日800本分。ものすごく単純な仕事です。

「なんで俺が、こんな子供がやるような仕事しなきゃいけねーすか?」

山での重機や伐採の仕事に穴が開いてしまったプロ中のプロが、
名取に回されてきて、佐々木統括に聞こえるぐらい思い切りボヤいていたそうです。
発注者に聞こえるのも気にしないところが山の男っぽい。
「そりゃそうだ。仕事次第じゃ一日3万も5万も稼ぐ奴だからな」
佐々木統括はこういう事には怒らない。一日中可笑しがっていたらしい。
若いなあと。

松島森林総合の従事者は年齢層が高く、不慣れな人も多いこともあり、
ベテラン以外は、午前中中心に切り替えている。こちらは連日下刈。
ハチがいるゾーンで、ボランティアでは難しい仕事を。

「今日はハチ(フタモンアシナガバチ)の巣6つ落としたよ」
「防風垣の内側にもいますから、気を付けてくださいね」

再生の会も連日、育苗場の草取り。
女の人だけ。それはそれで気楽そうに見える。

「kさんはウナギの時期だし、最近来なくなったね。これだから男はアテにならないよね。
夢中だよ。釣ったらしばらく活かしておいて、たくさんになったらウナギパーティー」

7月11-12日はオイスカの会員が加勢。4チームがそれぞれ動いていました。
オイスカ愛知県支部豊田推進協議会31名は、1泊2日でツルマメ抜き。
5年間毎年来訪。再生の会とタイミングが合い、珍しく接点を作れました。

ツルハシ、剣スコの使い方も、大人のやり方を横目で見ながら、夢中で仕事してくれました

ツルハシ、剣スコの使い方も、大人のやり方を横目で見ながら、夢中で仕事してくれました

中学生1名、小学生2名、大啓建設㈱幹部3名は別働隊で溝切。今日はこの箇所初日。まずは応急処置的に水が通ることが目標。続く人でさらに太く、深く

中学生1名、小学生2名、大啓建設㈱幹部3名は別働隊で溝切。今日はこの箇所初日。まずは応急処置的に水が通ることが目標。続く人でさらに太く、深く

 

 

 

 

 

 

 

私の帰京前、平和タクシーの運転手さんが、
「いつも新聞で見てますよ。北高で講演したでしょ。いつも名取のためにありがとね。
ほんの気持ちだけど」と、500円とジュース2本とたくさんのティッシュを下さりました。
本当に嬉しかったです。

「仕事させていただいているという気持ち、俺もお前も忘れない様にしようよな」と統括。
あらためて、ズンと来ました。

毎年来てくださる大啓建設㈱は震災直後の復旧にも従事されたそうです

毎年来てくださる大啓建設㈱は震災直後の復旧にも従事されたそうです

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ