ボランティア活動のその後 ~吉田密着レポート~

2018年7月25日( カテゴリー: 現場レポート )

広報室の林です。

ボランティアの日の活動についてはいろいろと報告していますので
今日は、翌日の吉田の動きについてレポートします。

まずは車で前日の作業地を見て回ります。
5チームに分かれて作業をしましたから、吉田の担当エリア外の4ヵ所が中心。

どこからどこまで作業が終わっているかを確認すると、
図面に情報を落とし込みます。

DSC_0011

そしてこれ。
現場でよく見かけるオレンジ色のテープ。
なんだか分かりますか?

DSC_0001

吉田がこのテープを結んでいます。
よぉーく見てください。
足元にはツルマメがたくさん生えています。
DSC_0004
そう、これは次回のボランティア受け入れの際に
どのエリアでツルマメの抜き取りを行うかの目印なのです。

分かりますか?
このテープのところもクロマツがツルマメに覆われています。
DSC_0002

隣り合った区画でも、草の生え方は全く違います。
左はほとんどクロマツが見えないくらい草で覆われていますが、
右は雑草が少なく、クロマツがはっきりと見えます。
このような現場を見て回り、次回の作業場所を選んでいきます。

DSC_4571

DSC_4566

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、車を止めて何やら撮影が始まりました。

DSC_0008

大好きな鳥を撮影するために購入したニコンのカメラ

 

狙っていたのはヒバリの子ども。
かわいい表情が撮影できました。

DSCN7991

ニコンカメラ。さすがの性能

 

前日の作業場所の目印を撤去します。
ここはポールにオレンジ色のテープを結んだ目印が立ててありました。

DSC_0014

「すげ~進んだなぁ。みんな頑張ったなぁ」とうれしそう

 

次回の作業場所まではこのようにポールを運びます。

DSC_0018

先陣を切って敵地に乗り込むかのように
「行け~~~!」などと声を上げる吉田。
テープが風になびき楽しそう

 

この後も停車→確認→図面への記入やツルマメ繁茂地帯への
目印設置などを繰り返し、現場での作業終了。

DSC_0887

事務所に戻ってから、図面に記入した情報を清書します。

↓ こちらはいろいろ書き込まれた図面

DSC_0888

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食を取り、事務所やトイレの掃除、洗車を終え帰京。
朝から作業をしても事務所を出るのは4時過ぎ。
1人の時は見て回りたいエリアをくまなく見てしまうのと
鳥の撮影のための停車が多いからもっと遅くなってしまうのだそう。
(こういうことのようです→ モテナイ男のやることは ~オタクの休日~

誰かが一緒にいると少し遠慮しているようです。

帰りの新幹線でビールを1本。
ようやく家路へ。

おつかれさまでした!

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ