秋山君のこと

2012年10月31日( カテゴリー: 本部発 )

吉田です。

現場の立ち上げに休学の上関わってくれた、筑波大学4年生の秋山君が
来月初めに大学に戻り、就職活動に入るため、現場から離脱します。
このブログでも彼らしい感性でずいぶん語ってくれました。

去年の9月中旬、私の上司の紹介で本部事務所に来ました。
まず、気象庁の仙台航空測候所のデータを見て、彼なりに分析を頼んでみました。
その回答の短いこと短いこと。でも、的を射た基本となる答えを出してきました。

着任を前に、現場出張の折、我々のホテル代わりにもなるアパートを探すよう指示しました。
見つけてきたのは、名取駅から徒歩20分。ロフト付き36,000円。
名取市中央部は水が良く、近くにはセリ田がたくさんありました。

アパートに泊まったら、いつもセブンイレブンのポテトチップを買って寝酒して、
翌朝は秋山君お手製の朝食。ロフトは温かく、冬の名取では最高でした。
6人で泊まったこともありました。僕は寝坊助でいつも起こしてもらいました。

2月、雪が積もる畑に堆肥を播いた時、秋山君はトラクターに乗って。
実に映えてました。
雪と言えば、前田建設工業の社員の皆さんと防風ネット設置の時も、
4mの単管パイプを数本かついで、よく動いてました。
「ホントよく動くなー」「僕は動いてナンボですから」

さすが農家の息子!

本当によく働く青年です

 

 

 

 

 

 

3月、播種の打ち上げ翌日は、彼の「お見舞い」にも行きました。

決して普通の状態ではない最前線、何でも聞こえてきてしまう現場。
しかも、当たりが強く、だみ声が飛び交う。
まだ社会人でない彼には、耳をふさぎたくなることもたくさんあったかも。
でも、羨ましかったですね。立ち上げ、現場、最前線。代わりたいほど。

先日、海外からの訪問団と別れるとき、
「皆さん是非また来てください。10年後には必ず見事な姿になっていると思います」
静かに迷いなく語った秋山君のこの言葉に、ぐっときました。

12月7日夜、都内で彼のトークイベントをやろうと思います。
詳細が決まり次第、このホームページの「インフォーメーション」で案内します。
乞うご期待。

「相棒」の麦わら帽子がよく似合います!

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ

ページトップへ