狸寝入り…

2019年5月27日( カテゴリー: いきもの )

こんにちは、浅野です。
この前の出張の時に植栽地を車でまわっていたら、
2014年植栽地の法面で珍しい生き物を見つけました。

タヌキです!

タヌキです!

なんとなく具合が悪そうで全く身動きをとらなかったので「まさか瀕死!?」と思い、
通り過ぎてからもちょっと様子を見ていたのですが、やっぱり動かず…。
さすがに心配になって車を少しバックしてみると、立ち上がって元気に走っていきました。

演技かいっ!!
そういえば「狸寝入り」という言葉もあったなぁ…と思い、「狸寝入り」の由来を調べてみると
“タヌキは臆病な動物で、驚いた時には倒れて一時的に気を失い、眠ったようになる”と書いてありました。
昔は猟師がこれによく引っかかっていたようで、倒れたタヌキを持っていこうとしたその時に
タヌキは目を覚まして走って逃げるといった具合に騙されていたようです。
当の本人は騙すつもりもなく、びっくりしすぎで気を失っていただけなのにちょっと気の毒ですね。

犬に吠えられるだけでも気を失うみたいなので、車にびっくりして固まっちゃったのでしょうか?
演技ではなかったみたいですが、とにかく元気でよかった。

今までため糞で存在は紹介してきましたが、キツネと同様に夜行性なので姿を見たことはありませんでした。
私の中ではタヌキは「狸」里の獣とも書くように内陸のほうに住んでいる生き物だったので、本当に海岸にいるんだ!とちょっとうれしくなりました。
このまま色んな生き物が住み着く豊かな森になってくれることを願います。

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ

ページトップへ