松ぼっくりの不思議

2019年6月9日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です
この前、植栽地を歩ていたら松ぼっくりを見つけました。
マツ林ですから松ぼっくりが落ちているのは当たり前なのですが…。
今回見つけたのはこれ。

D

松ぼっくりは開いている印象が強いと思います。
中には「なんのために開くんだろう?」「どうやって開くんだろう?」と
疑問に思った方もいるかもしれません。

調べてみると、

【松ぼっくりは、湿度によって開閉する】

ということが分かりました。

湿気が多いと松ぼっくりの「かさ」は閉じ、湿度が低ければ開く。
松ぼっくりは、【種】を1番いいタイミングで飛ばす仕組みをちゃんと備えているようです。

湿気を含んで重くなった種は遠くには飛びませんし、雨にも流されてしまいます。
松ぼっくりは種を遠くに飛ばせる湿気のない時にだけ、「かさ」を開きます。

太陽が照って湿度が下がり、「かさ」が開きはじめると、
間に挟まれていた羽のついた松の種子が外に顔を出し、風に乗って羽根は舞い地面にヒラヒラと落ちていく。
これが天気のいい、湿度の低い、1番いいタイミングで起こるようです。

自然の仕組みはすごいですね。

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別アーカイブ

ページトップへ