今年で6回目、豊田推進協議会

2019年7月12日( カテゴリー: 現場レポート )

こんにちは、浅野です。
7月8-9日にオイスカ豊田推進協議会の方々32名がボランティアに来てくださいました。
今年で6年目となりますが、初めての方も9名参加してくださり今までで最多だったようです。
6月はことごとく雨でしたが、この2日間は曇り。
気温も高くならず肌寒いくらいで、作業日和でした。

例年のようにお昼ごろ仙台空港に着き、鈴木英二さんの旧宅へ。
初めての方も1年ぶりの方もやはり言葉を失っていました…。

ちなみにいつもご紹介するストロベリーアイス幸子は
家の老朽化が進んだからなのか、瓦の真下から庭のほうに移植されていました。

現場へ移動し2班に分かれ、つぼ刈りと溝切り作業へ。

つぼ刈りの箇所は5月に1度つぼ刈りをし、森林組合が機械でも刈ってくれたところ。
これまではシロツメ草が主体だったのにいつの間にかイネ科の植物が繁茂していました。
皆さん「腰にくるなぁ…」と言いながら真剣に作業に取り組んでくださいました。

つぼ刈り班

つぼ刈り班

溝切り班は去年の続きということで、今年も太啓建設の3人と力自慢の皆さんで。
吉田・佐々木勝義さんの指導の下、とんでもなく深い溝を仕上げていました。

溝切り班

溝切り班

次の日は全員でつぼ刈り。
昨日の今日で慣れた手つきで皆さん作業に取り組んでくれました。

11時半ごろに作業を終え、今年は例年と場所を変えて「芭蕉の湯」と野蒜にある「震災復興伝承館」へ。
先日のブログでも報告したところです。
ビデオを見せてもらった後にパネルの説明をしていただきました。
ここへ来るのは皆さん初めてだったので、スタッフの説明に真剣に耳を傾け、質問も多く出ました。
ビデオを見ながら涙をこぼす参加者もいました。
このツアーに初めて参加してくださった方も毎年来てくださる方も、
いろいろなことを感じていただけたのではないかと思います。

また来年もよろしくお願いします!

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ