オイスカ綾川推進協議会(香川県)10名の視察

2019年10月23日( カテゴリー: 現場レポート )

仙台と四国には空路の直行便はなく、時間的に「遠い」県です。
「香川は災害がない」と言いますが、いやいや。渇水がよくありますね。
「四国は4%経済」と聞きますが、オイスカ内に関しては別。
会員数の全国シェアは25%近く。海岸林寄附者数は全国上位。
(宮城は寄附者数は全国一ですが、会員数は倍増も、いまだシェアは5%・・・)

10月11日にはオイスカ「四国のつどい」で小林省太アドバイザーと
浅野さんが活動報告をしたばかりです。私も2012年にマイクを持つ機会をいただき、
その後も2度、3度と四国巡業させていただいています。

四国支部は7つの支局的存在を持っています。そのなかのオイスカ四国研修センターの足元を
支えてくださっている、「綾川町推進協議会」10名が、5年ぶりに視察に来てくださいました。
普段から本当に一生懸命、国際協力をやってくださっている方たちばかり。
いつも宮城のことまで気にかけていただいて。本当にありがたい。

強い雨。農村地帯の方たち。どんな経路にしようか・・・
お昼前から現場にいましたが、足元は最悪。雨風ともに止む気配なく、
バスの運転手さんにスローで走ってもらうようにお願いし、完全車中からの見学に決定。
復興事業で作られた「1町歩田んぼ」など農地ど真ん中を通って、閖上にも足を延ばし。

今日は即位の礼。最後は、天皇皇后両陛下の名取訪問の際の御歌の石碑へ。
閖上の慰霊碑前に新しく建てられました。

津波の高さを示す名取市閖上の慰霊碑(奥)と両陛下の歌碑。即位の礼当日朝、NHKでも歌碑が紹介されていました。

津波の高さを示す名取市閖上の慰霊碑(奥)と両陛下の歌碑。即位の礼当日朝、NHKでも歌碑が紹介されていました。

20191022_164501

皆さんからの寄付として50,000円をいただきました。存分に使わせていただきます!

台風の影響で稲わらが水田を覆う。刈り取りが遅れ、なぎ倒されている水田もあり、一行は被害に胸を痛めていた。

台風の影響で稲わらが水田を覆う。刈り取りが遅れ、なぎ倒されている水田もあり、一行は被害に胸を痛めていた。

 

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別アーカイブ

ページトップへ