大阪マラソンレポート マラソン前日編

2019年12月3日( カテゴリー: 本部発 )

広報室の林です。
大阪マラソン、行ってきました。
昨日、広報室の倉本が完走の報告とお礼をブログに書いていましたが、
私はマラソン前日と当日の様子をご報告します。

11月29日に本部事務所での業務を終えて現地入り。
吉田・倉本・林はチャリティランナーの集合場所近くに
宿泊しており、前日に集合場所~スタート地点の下見&倉本のランナー登録へ。

CIMG9861

チャリティランナーの集合場所となっていた読売テレビはホテルから歩いて10分ちょっと。途中で大阪城が見えました!

集合場所の確認を済ませ、スタート地点の確認へ。
大阪城公園周辺の緑地で桜の開花を確認!
寒い季節に咲く種類なのか、間違って咲いてしまったのかは
分かりませんが、なんとなくうれしい気分。
CIMG9864

その後、ランナー登録を行うEXPO会場へ。
電車で移動中、倉本がランナーだと気が付いたおじさんから
話しかけられました。

「明日暑なるでぇ~」
「新大阪駅で551の豚まん買うて帰れや~」

東京とは違うなぁ~。

EXPOでは寄付先団体がこんなふうにブースで活動を紹介しています。

CIMG9875

大賑わい!!
CIMG9870
なぜこんなに人が入るかというと、
皆さん目的がありまして……。

それはこのように、自分の名前が掲出されている
ボードの前で記念に写真を撮影するためです!

CIMG9866

今回、オイスカのチャリティランナーは50名でしたが、
一般ランナーもいずれかのチャリティーカラーを選び、
募金をすることになっており、オイスカのチャリティーカラーの
紫を選んだ人の名前は、紫のブースに名前が掲出されているのです。

オイスカとしては少しでも活動を知ってもらうため、
ご自身の名前を確認した後には、パネルなども見てほしいので
ブースに立ち寄るよう呼びかけをします。

今年は日本語と中国語、英語で書かれたミニ看板を用意しました。

CIMG9877

中国語に関しては、ネットで調べて書いたので、正しかったかどうか分かりませんが、多くの中国、台湾、香港からのランナーがこれを見て立ち寄ってくれたので、一応意味は通じていたようです……

無事登録を終えた倉本。
「ディズニーランドのファストパスを持ってるみたいでした」と。
というのも3万人以上が登録をするため、一般ランナーは長蛇の列。
その横をチャリティランナーは専用レーンですいすい進み、
あっという間に登録を終えることができるのです。

吉田も報告していた通り、この日の夜は倉本とうどん。
2人で並んで食べている様子、なんだか姉妹みたい。
(年齢は親子ほど違いますが……)

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

マラソン前日はやっぱり炭水化物。倉本、頑張れよ!

明日に続く

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ

ページトップへ