北釜地区盛土が一部完成

2020年1月21日( カテゴリー: 現場レポート )

空港東の集落と乗馬場の跡地、「北釜地区」盛土工事(区域面積約5.5ha、植栽面積3.75ha)が一部完成しました。ボランティアの皆さんが来ると、必ずと言っていいほど通過する「ゲート」の場所です。

盛土中央部(ゲート付近)から北半分を望む

盛土中央部(ゲート付近)から北半分を望む

北釜集落はどのぐらい昔からあるのかわかりませんが、名取市海岸林再生の会副会長の櫻井重夫さんは14代目と聞いています。
櫻井さんの旧宅は盛土の下です。(鈴木会長の旧宅は盛土区域外)震災前の北釜の様子は、小林省太さんの「よみがえれ!海岸林」にたくさん記述されています。海岸林HP活動報告内から「よみがえれ!海岸林」はご覧いただけます

最大高6mにもなる2.01haの自然砂丘上に、深根性を活かして津波に耐えた樹齢100年前後の残存クロマツが200本。2019年はその下に3,000本/haで植栽しました。活着率・生存率限りなく100%。ここは海砂。高密度の篠竹に打ち勝ちさえすれば、生育は抜群に良いはずです。その2.01haの周囲を取り巻く形で盛土工事が行われています。旧宅地・乗馬場は、国の復興予算で市によって買い上げられ、新たに保安林となりました。県・市・再生の会・オイスカとの4者協定面積も追加になります。十分な幅があってこそ「防災林」として機能します。重要インフラの空港横の「弱点」が消されて、嬉しく思います。

基本設計は地下水から2.4m以上離して盛土天端を設計。自然砂丘周辺なので、凹凸、高低差が様々。

基本設計は地下水から2.4m以上離して盛土天端を設計。自然砂丘周辺なので、凹凸、高低差が様々。

最後となる植栽は今年の5月と10月。保育作業が滞ることを避け、公募の植樹祭は行わず、再生の会メンバーと森林組合だけであっさりいきたいと思います。私も交ざって、気が済むまで植えます。

私が最初に見た「北釜」。2011年4月21日にヘリから撮影

私が最初に見た「北釜」。2011年4月21日にヘリから撮影

 

陸上で最初に見た北釜。奥の空港から海岸に至る道。この家までは盛土になります。左奥は鈴木英二会長旧宅。撮影:2011年5月25日

陸上で最初に見た北釜。奥の空港から海岸に至る道。この家までは盛土になります。左奥は鈴木英二会長旧宅。撮影:2011年5月25日

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別アーカイブ

ページトップへ