オタクの休日 三保松原編

2020年7月28日( カテゴリー: 海岸林あれこれ )

広報室の林です。

プロジェクトにご支援くださっている愛知県のCKD(株)が
紺綬褒章を受章され、その伝達式のために愛知県に出張してきました。
(伝達式については吉田が後日報告します)

吉田が運転する車で、26日(日)の朝に出発。
目的地である愛知県豊田市にあるオイスカの中部日本研修センターへは
夜8時までに到着すればよいことになっていたので、
吉田お得意の『クロマツ&海岸林オタクの休日』にお付き合いすることに。

まず向かったのは三保の松原に昨年オープンした「みほしるべ」。
静岡市三保松原文化創造センターです。

海岸林の重要性をより多くの方に知っていただくため、
オイスカでは啓発活動にも力を入れていますが、
こうした施設では「伝える」ためのヒント、学びを得られます。

DSC_0136
ここで吉田が最も食いついていたのは、ある生き物の展示。
何だと思いますか??

なんと、ここでは松枯れの原因となるマツノザイセンチュウを
運んでしまうマツノマダラカミキリを展示していました!

 DSCN5905-1
DSCN5969-1
枯れてしまった松から羽化して出てきたそうです。

DSCN5971-1

それぞれの展示はとても洗練されたいわゆる“イマドキ”なもので
展示物のつくり方、展示の仕方などとても勉強になりましたが、
その中にこうした手作り感のあるものがあるのがやっぱりイイ!!

DSCN5902-1
長いこと吉田はこの展示から離れず、
オイスカでもこれができるのか? どんな場面でやるか?
どうやってマツノマダラカミキリを捕獲するか?などなど
あれこれ思いを巡らせていたようでした。

もう一つダイナミックでいいなぁと思ったのはこちら。
DSCN5959-1
DSCN5962-1
地下を覗いてみようとあるパネルと共に
根っこの実物が展示されていました。

普段から「マツの根は垂直根が下に長く伸びます」と
説明していますが、これを見れば一目瞭然!

クロマツオタクでない方にも楽しめる施設でした。
みほしるべ、おススメです!

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ