名取の寒風

2013年4月15日( カテゴリー: 本部発 )
プロジェクト担当の吉田です。

4月8日に名取では 「最大瞬間風速33.4m」と、県内で最も強い風が観測されました。
名取事務所には、いつも以上に砂が入り「雑巾がけばかりしていた」と佐々木統括。
3月は雨が0.5mmしか降らず、4月に入り大雨が続き、農家全体は作業が遅れ気味と。
昨年は4月4日に大風が吹きました。

暴風が日本全国各地を襲う日の4月7日、読売新聞朝刊に「風速」と「瞬間風速」の違いが
掲載されていました。
それによれば、
風速:1秒間に空気が何m動いたか。
瞬間風速:3秒間の平均値。その最大値が最大瞬間風速。

また、気象庁は
風速15~20m:「強い」 
風速20~30m:「非常に強い」
風速30m以上:「猛烈な」
と表現。

20m以上:何かにつかまっていないと立っていられない。木の幹が折れる。道路標識が傾く。
35m以上:電柱が倒れる。
40m以上:住宅が倒壊することがある。
*林業では、風速10m以上では伐採などの作業をしないことになっています。一応。
 工事現場の吹き流しが真横にピンと張るのが風速10mです。

年に1・2度、気象庁仙台管区気象台仙台空港測候所にお邪魔してお話を伺っております。
今回は、震災前後で霧発生日数に変化があったか、確認しましたが、特筆すべき変化はないようです。

ちなみに平成24年度の気温に関しては
3月:平均気温4.1度
4月:平均気温9.2度
5月:平均気温15.3度

この数日の滞在では4度~13度という気温だったと思います。
風が加わるとちょっと寒いですね。(少し動けば何ともありません)
林業会社勤務時代は、平地の気温が15度だったらHeatec(=タイツ、すててこ)履いてました。
すなわち、山では15度を下回りますから。
昨年の名取では、4月中はHeatecだったことを覚えています。

「今年は寒い」「風が冷たい」という声を、地元の人からよく聞きました。

ですが、「播種は間もなく」という感じです。
名取市役所でも、ソメイヨシノが開花しましたから。

(参考)
仙台管区気象台HP
http://www.jma-net.go.jp/sendai/index.html
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ