愕然

2013年4月18日( カテゴリー: 本部発 )

国際協力ボランティアの木村です。
昨日に続き、今日も先日のプロジェクト訪問の報告です。

↑まだ、更地のままの状態

まだ、更地のままの状態

私は静岡県の出身で、東北に行くことは生まれて初めてでした。
さらに、東日本大震災発生時にはパプアニューギニアにいたため、地震のことについては、あまりその悲惨さを感じないで楽観的なところがありました。
しかし、実際の現場で驚いたことがいっぱいありました。
復興が急ピッチで進んでおり、家が新しくなっていて、育苗場の最寄り駅、美田園駅周辺は仙台のベッドタウンになりそうです。
その反面、津波で流されてしまった家の跡、更地を見ていると復興が進んでいるとはいえ、痛々しいところも伝わってきました。何も無い所にトラックやシャベルカーが集まり、作業する光景には愕然としてしまいました。

取り壊しをしていない震災直後の家

取り壊しをしていない震災直後のままの家

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ