虎は千里往って千里還る

2014年1月15日( カテゴリー: 本部発 )

国際協力ボランティアの木村です。

インドネシアジュパラ県での マングローブ植林

インドネシアジュパラ県での
マングローブ植林

「海岸林再生プロジェクト」を離れていた4ヵ月の間。
この1月より再び、「海岸林再生プロジェクト」に携わることとなりました。
福岡にある西日本研修センター、インドネシアにあるスカブミ研修センターでオイスカのさまざまな事業を勉強させていただきました。

さて、いよいよ、手塩にかけて育ててきた苗木が今年の4月に植栽されます。
床替え移植や種まきなど昨年行った作業にプラスして、植林活動が行われますので再生の会のメンバー、地元の方、各企業からのボランティアなど、皆さんの協力を総動員していかなければならない年です。私からもこのブログで皆さんにお願いを呼び掛けることが多くなりますが、是非、その時はどうぞよろしくお願い致します。

今回のタイトルは「虎は千里往って千里還る」ということわざです。
今年は午年ですが、私は寅年です。
このことわざの意味は、虎は一日の間に千里の道を行き、
またもどってくることができる。勢いの盛んなさまのたとえ(広辞苑より)です。

西日本研修センター、スカブミ研修センターでの活動の勢いをそのままに
海岸林再生プロジェクトにぶつかっていきたいです。

 

 

 

 

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ