喉がつぶれた

2014年2月20日( カテゴリー: 本部発 )

宮城県の新制度「みやぎ海岸林再生みんなの森林づくり活動」の先陣を切り、
2月13日付で宮城県、名取市、名取市海岸林再生の会、オイスカとの四者協定が締結されました。
対象は、名取市内の県有林、市有林等、89.98ha。まずは5年契約。間違いなく大型契約だと思います。
私どもを見込んで託して頂いたわけだから、それに応えなければならない。
IMG_2378 small

2月13日午後、私は支部の小野事務局長とともに、カメイ㈱にてボランティア保険の打ち合わせ、
仙台市財政局に「仙台市民税の寄付控除」申請、東北電力「電力ホール」での写真展開催説明会に行ったあと、
県庁に四者捺印済みの協定書を受け取り行けることになりました。
そのため、名取市海岸林再生の会拡大役員会へのオブザーバー出席は取りやめ、
夜の部から合流。頂いたばかりの協定書を、真っ先に再生の会に見せることが出来ました。
いつも通り、当局職員の皆さんの迅速な対応と、ご配慮のおかげです。
IMG_2380 small

皆でしばらくは、これまで3年を、しみじみ振り返りました。
やっぱり、震災直後の我々の出会い(5月24日)の頃と、初めての播種までの話が多かったですね。
地元からすれば、「オイスカって何スカ?」という頃です。
再生の会の方たちも、葛藤があったと思います。
心配もされ、冷やかしも、やっかみもあったという話も出ました。
IMG_2385 small

でも我々は我々。すぐにボルテージがあがり、全くいつもの通りに。
まあ騒がしいこと。「何で皆こんなにでかい声で話すんだ??」
名取駅にも最終電車があるというのを、完全に忘れてしまいました。
僕もでっかい声で話していたのは覚えてますが、
僕も翌朝は声が出ませんでした。他の皆さんも、次の日はガラガラ声。

雪の中、2時間歩いて帰宅。

雪の中、2時間歩いて帰宅。

その名取から18時発で帰京。
2週連続の週末の大雪。
国立駅で電車は1時間以上立往生。
西武新宿線を大迂回して、帰宅したのは午前2時。
我ながら相変わらずご苦労なことで。

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
月別アーカイブ

ページトップへ