黄金色の水田

2014年9月29日( カテゴリー: 現場レポート )

吉田です。
ホームページが故障し、しばらく更新できませんでしたので、
久々のブログですが、元気に頑張っておりました。

8月末から3週間、宮城出張せず、静岡県支部での活動報告会以外は東京の本部事務所で
事務作業に追われていました。9月第3週から再び往復が始まっています。

今年の東北の気候は、クロマツにとっても野菜にとっても良かったようです。
9月26日の再生の会の全体研修に集った農家の皆さんから聞きました。
野菜が忙しくて、曜日関係なく働いているようです。
新居に入った方からは「被災していない人と同様の税金がかかるから大変なんだ」と。

名取市震災復興計画によると
市内の復旧対象農地面積は660ha。
徐々に大区画の農地に整備されてゆくことでしょう。

第一育苗場から徒歩10分、「美田園」駅の北側の水田は黄金色です。
駅の名前の通りです。
稲の出来は例年より半月早いと聞いていました。
県内の39%で刈り取り終了という報道もありました。
しかし宮城から福島を越え、宇都宮ぐらいにならないと稲刈りの姿はまだまだ。
「早く刈り取りを終えるよう促すため」の記事だったのでしょう。

長期予報によると、10月11月は寒くなるそうです。
栗駒山は紅葉シーズンに入りました。栗原市の人から電話もあり、寒さが早く来ていると。
すでに名取事務所でも暖房なしには寝られません。

吉田 ブログ1

なぜか植栽現場の排水溝に稲が生えていました。

こちらは第2育苗場横のたわわに実った稲穂

こちらは第2育苗場横のたわわに実った稲穂

 

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ