畑入り

2015年3月17日( カテゴリー: 現場レポート )

防災会議関連行事に忙殺されていましたが、昨日ですべて終わり。

新聞報道を除き、400人以上の方に、直接、活動を伝えることが出来ました。

昨夜の宿は、いつもの松島「霊前亭」。
瑞巌寺の修験僧がはるか昔から泊まってきた、知る人ぞ知る由緒ある宿。
仙台市内は会議に合わせて宿泊費高騰。普段の倍以上。
ですがここは1泊2食6,000円。ご飯は本当においしい。風呂の熱さは手加減なし。
「吉田さん、青梗菜ありがとね~、もうめんどくさいから、宿代いらね~わ」とおかみさん。
この前は高級日本酒2本もいただくし。もう4年のお付き合い。

朝、佐々木統括に迎えに来てもらって、一緒に名取事務所に出勤すると、
再生の会の車が9台。おもむろに、今年の本気モードが始まった。
なんだか緊張してしまう。

DSC_0187

コンテナを一度どけて、畑に肥料を投入します。

林業の世界では「山入り」と言うそうですが、
再生の会で言えば「畑入り」とでも言いましょうか。
とすると、間違いなく宴会の予感。

今日の予報は晴なのに、一転「濃霧」。ひどく底冷えする。
1km先の空港はまったく見えない。旅客機はこれでも通常通りの運行。
皆は口々に「やませ」という。東からの微風。海のほうが温かいのかもしれない。

DSC_0169

手も動きますが、口もずっと動いてます。今夜はきっと夜更けまで(笑)

再生の会は、打ち合わせの後、コンテナ苗の移動と畑に肥料を撹拌。
緑水工業㈱(新潟県長岡市)から寄贈の肥料を早速活用させていただきました。
佐々木統括と私は、市役所に「平成27年度計画と着手届、26年度報告」などを提出。
そのあとは、広葉樹植栽について段取り開始。

お昼はみんなで、ほっともっと美田園店の弁当を注文。
「20分の昼寝は夜の2時間の睡眠に相当する!」とは、佐々木統括のいつものセリフ。
再生の会の皆さんは、昼寝せず、2階にまで聞こえる大声で話し続けてる。いつも。

16時前に目標の仕事を終え、お茶で一服した後はなだれを打って帰宅。
17時は宴会開始の模様。私は欠場。10日ぶりに帰京。

コチラでは明日からお彼岸。
彼岸明け25日から、トップスピードでコンテナへの土詰め。
月末には根切り。

来週、また来ます。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ

ページトップへ