「富士山の森づくり」2017年度活動レポート
JBCCホールディングス株式会社

2017年8月28日 ( カテゴリー: イベント )

実施日:2017年7月29日(土)

実施団体:JBCCホールディングス株式会社(第3回)(JBCCホールディングス㈱含むJBグループ会社)

参加者数:24名

活動:モニタリング作業(樹種別に植栽木の高さ・直径などを計測、記録する作業)

jbcc1

今年3回目の参加となるJBCCホールディングス株式会社の「富士山の森づくり」活動は、前回、前々回と異なり雨模様の中での活動となりました。今回は新規参加の1社と共に参加いただきましたが、作業内容は今年度の協議会のメインテーマであるモニタリングをご担当いただきました。霧雨の中、専門家の指導を受けながらチームワークよく植栽木一本一本計測していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

jbcc2

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は開会式を割愛して直接作業地に向かい、バスを下車して早速計測や記録に必要な道具の配布を受けた後、まずは全員で計測作業のやり方について、専門家である富士森林施業技術研究所の松崎研究員から説明を受けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

jbcc3

 

 

 

 

 

 

 

 

24人のメンバーはAB2班に分かれた後、更に2小班に分かれて1小班が1植栽列を担当することとしました。A班は清藤会長、B班は松崎研究員の指導の下、それぞれの担当植栽列に入り、作業が始まりました。今回も初めての作業でしたので最初はどうやって計測するのか戸惑う様子も見られましたが、試行錯誤を繰り返しながら慣れてくると手際がどんどん良くなり、チームワークもできてきて次々に計測していきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

jbcc4

 

 

 

 

 

 

 

 

この班は最初の担当列を終了後、更に林道を挟んだ上側の列にもチャレンジしていました。5人のメンバーは皆さん初めての参加とのことで、今回は関東地区の事業所(会社)以外に名古屋と北九州の会社からも参加されているので、お互い初対面の人が多いとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終了後に感想を聞いてみると、調査の作業は思ったよりも難しくなく、一方除伐された木の幹が滑りやすく、移動の際はかなり気を遣う必要があったとのことでした。それでも2時間の作業を通じて、日頃出会うことのない他事業所やグループ内の他会社のメンバーと交流ができ、富士山の森づくりに貢献できたという達成感を感じているようでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閉会式も割愛とのことでしたが、参加者を代表して一木一夫氏が締めの挨拶をされ、心配していた雨も活動中だけは全く降られることなく、無事3回目の活動は終了しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【バス内講義】

富士山の森づくり推進協議会 会長 清藤 城宏氏

■TrackBack URL >>
■ブックマークに登録 >> このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加