インドネシア
水から学ぶ環境教育 TOTO水環境基金助成事業開始

2019年10月4日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

エコキャンプでは、プラスチックゴミを減ら
すために、食器の持参が義務付けられた。ま
た、各自食器洗いに使用した水を周辺の作
物にかん水するなど、節水の実践も促進

人口増加により生活、工業用水の需要が高まるインドネシア・ジャワ島では、毎年乾季には水不足が発生。またトイレなどの設備が適切に整備、管理されていない学校が多く、子どもたちの教育や衛生に悪影響を及ぼしています。

こうした問題に対し、オイスカは本年4月よりTOTO㈱「TOTO水環境基金」の助成を受け、西ジャワ州スカブミ県において、水環境保全に向けた環境教育を実施。 さらにニーズの高い2つの小学校に対し、トイレ・水タンクなどの設備を支援し、衛生環境の改善を目指しています。

7月には、スカブミ研修センターで、同県内15校から262名の子どもたちを集めたエコキャンプを開催。講義やネイチャーゲーム、川の汚染状況の観察などを通じて、節水やごみの正しい処理について理解を深め、行動することの大切さを学びました。帰宅後、早速多くの参加者が家族に環境保全の重要性を説いたことが後日報告されました。

今後は、教師向けのセミナーを開くなど、限りある資源を守る意識を地域で育む体制づくりを進めていきます。

■TrackBack URL >>
■ブックマークに登録 >> このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加