【海外ニュース】ミャンマー
政府との覚書を更新 新旧研修センターで修了式も実施

2020年6月5日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

中央政府農業局次長や地元ピョーボエ郡郡長など少人数の関係者ら(中央列)のみが参列した修了式。3月26日には、第1センターでも第23期生18名の修了式が行われた

1月28日、ミャンマー政府の投資・対外経済関係省対外経済関係局とオイスカの間で、次期5年間の活動に関する覚書の署名がなされました。
これは、1996年1月にオイスカが同国で活動を開始して以来、5年ごとに更新しているものです。農村開発研修センター(97年開所/以下、第1センター)と農業指導者研修センター(2017年開所/以下、第2センター)の2つを拠点としたさまざまな活動を通じ、地域が直面する課題解決を通じた同国への貢献が期待されています。

会場前では来賓にも手洗いの徹底を促した

3月23日、第2センターでは第3期の男女合わせて20名の研修修了式が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され始めていたことから、カウンターパートの農業局、地元政府と慎重に協議した結果、規模を縮小し、修了生の門出を祝いました。
3期生は昨年5月からの約10ヵ月、実践的な学びを経験。農場では稲や野菜に加え、中央乾燥地域で広く栽培されているゴマ、ひよこ豆などの換金作物の栽培、また身近にある有機資材を利用したボカシ肥料や自然農薬の作成と利用、そして農産物を販売するまでを一貫して学びました。

 

■TrackBack URL >>
■ブックマークに登録 >> このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加