OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

フィリピン・アブラ農林業研修センター
アブラ州での活動実績が各方面で評価
州立大学、環境天然資源省と協約締結へ

2019年5月29日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

 4月15日、フィリピンのルソン島北部に位置するアブラ州の州立科学技術大学(ASIST)とオイスカ・インターナショナルの間で、日本語指導者育成に関する覚書が交わされました。ASISTは、オイスカが1984年にアブラ州で活動を開始した際、学内に拠点を置いていたこともあり、アブラ農林業研修センター(以下、アブラセンター)のデルフィン・テソロ所長をはじめ、同大学の多くの卒業生が、オイスカの日本人農業専門家の指導を受けています。同大学では学内に日本語センターを設置し、技術習得を目的に日本へ行く全ての研修生および実習生、さらには一般の学生も対象にした日本語教育を目指しており、覚書では、①ASISTの日本語指導者の育成のため、2〜3名の講師を関西研修センターで受け入れ、効果的な日本語教育の手法を学ぶ機会を提供する。②講師らは、帰国後に学内の日本語センターにおいて、アブラ州とその周辺地域の青年たちに日本語教育を行う、といった内容が盛り込まれ、グレゴリオ・トルケサ学長と永石安明事務局長によって調印されました。

ASISTとの調印式

 近年、フィリピン人技能実習生は増加しており、国別実績ではベトナム、中国に次いで3番目となります。英語が堪能な人材が多いことから、ニーズが高いとの見方もありますが、実際の現場では、日本語による業務が中心です。そのため技能の習得はもとより、実習中の事故防止や日本人従業員との円滑な意思疎通のために、より高い日本語能力が求められています。しかしながら、技能実習制度の総合支援機関である 国際研修協力機構の調査では、同国の派遣前の日本語研修時間は、ベトナムの約半分の202時間となっており、短期間の詰め込み式学習の実態が浮き彫りとなりました。こうした問題は、日本語指導ができる人材や場所の不足に起因するとの考えから、ASISTでは日本語センターの新設を検討。アブラセンターで行う技能実習生の派遣前研修で、日本語によるコミュニケーションの指導なども行っていることから、これを好事例とし、 テソロ所長と連携して創設に向けた準備を進めてきました。年度内には講師の日本への派遣、日本語センターの開所が予定されています。

活発に展開されている「子供の森」計画。最後列右がデルフィン・テソロ所長

 また同日、アブラ州環境天然資源省のオクタビオ・クアンソ局長と永石事務局長、テソロ所長により「子供の森」計画(以下、CFP)の活動に関する覚書に調印がなされ、バンゲットおよびラガンギラン地域の環境天然資源省担当官、オイスカ・アブラ支局のアントニオ・ガンデサ会長がこれに同席しました。覚書では、州内のCFP参加校に対し、同省の技術的なサポートと苗木の提供が受けられることが約束されました。今回の一連の覚書締結の背景には、アブラ州とその周辺地域(南イロコス州)においてオイスカの活動が政府や教育機関などから高く評価されていること、また、活動の原動力となっているテソロ所長の長年にわたる地域開発への貢献が認められたことがあります。こうした連携やサポートにより、CFPを通じた環境問題の解決に向けた取り組みを加速させ、地域住民の環境保護に対する意識の向上を図ることが期待されます。

〈8月19日(月)~24日(土)〉ミャンマースタディツアー2019
参加者募集!

2019年5月22日 ( カテゴリー: イベント )

↑上画像から詳細チラシ(PDF)をご覧いただけます

ミャンマーは主要産業を農業とする一方、中央乾燥地域と呼ばれる年間平均降水量300~500㎜ほどの乾いた地域の農村部では、厳しい気候条件や人口増加に伴う薪炭材の過伐採などにより、緑も少なく農業もままならない状態が続いています。

そんなミャンマー中央乾燥地域で、オイスカは1996年より活動を開始。翌年には、同国政府と共同で研修センターを立ち上げ、以来22年間、農村のリーダーを担う人材の育成と農村の開発協力に地道に取り組んできました。

本ツアーは、このオイスカの活動をじっくり体験できる内容となっています。 参加者募集中!ぜひ、人を育み、「ふるさと」をつくる取り組みを現地で体感してみませんか。

ツアーのポイント

◆オイスカが運営する、農村開発研修センターの研修活動を体験できます。
センターで学ぶミャンマーの若者達と交流を楽しみましょう!

◆農村開発研修センターの近辺の農村を訪問し、農村の生活の様子や、
オイスカがこれまで実施してきた地域開発事業についての理解を深めましょう!

◆「子供の森」計画を実施している学校を訪問し、
現地の子供たちとの植林活動や、交流を楽しみましょう!

◆ミャンマーの観光スポットであるバガン、ヤンゴンでの観光も!!

 


■日  程:2019年8月19日(月)~8月24日(土) 4泊6日

■参加費用:189,000円より(2名1室利用/中部国際空港発着/エコノミークラス)

※参加費用とは別に以下の費用がかかります。
任意の海外旅行保険料・1人部屋追加料金:20,000円(8/19・8/22 宿泊のみ)

■申込み締切:2019年6月28日(金) 申込書はこちら

■最小催行人数:10名

■お申込み・お問合せ先:公益財団法人オイスカ岐阜県支部 担当 大橋

〒500-8384 岐阜県岐阜市藪田南5-14-12

TEL 058-216-2463 / FAX 058-216-5665

E-mail oisca-gifu@twatwa.ne.jp

※お申込みは、チラシ裏の詳細を必ずお読みいただき、申込書に必要事項を記入の上、上記E-mailまたはFAXにてお申込みください。

 

 

ビジネスマッチングフォーラム in 東京
東京で初となるフォーラムを フォローアップ会合として開催

2019年5月8日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

同時に14もの商談が進む活気あふれる会場

 3月14日、衆議院第二議員会館でオイスカ・PHILJEC(フィリピン・日本経済協力委員会)ビジネスマッチングフォーラムが開催されました。これは、2018年12月にフィリピンで行われたフォーラムのフォローアップ会合として開かれたものです。

 農業や再生エネルギー、ITなど多様な分野の企業50社80名が参加。日本が外国人人材の受け入れを促進していることから、フィリピン対日人材派遣会社・コンサルタント協会(JEPPCA)のノラ・ブラガンザ会長が基調講演を行い、フィリピン人労働者の特徴や受け入れる際に配慮すべき点などを紹介しました。人材派遣を行う企業も多く参加しており、介護人材などの受け入れを検討する日本企業との情報交換が活発に行われたほか、農業分野の相互開発や再生エネルギーなど、商談は多岐にわたりました。

 オイスカでは、今年度も法人会員を対象に、ビジネスマッチングの機会を創出する場を設ける予定です。

2019年度組織再編
愛媛県支部が四国支部に合流 5月からは新会長が就任

2019年5月8日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 2011年2月の公益法人移行期に、四国管内では四国支部(香川・徳島・高知の3県を管轄)と愛媛県支部に分かれ、それぞれオイスカ活動を推進してきましたが、新年度から愛媛県支部が四国支部に合流し、四国4県が一体となって再スタートしました。

 愛媛県支部(宮嶋嘉則会長)は、前身である愛媛県支局が、四国では初のオイスカ組織として1983年に発足して以来36年の歴史を有し、四国研修センターの支援をはじめ、さまざまな活動を通じて活発に活動を展開。近年では松山空港近くの忽那山での陽光桜の植林活動など独自の取り組みを行ってきました。今後は四国支部内の愛媛県推進協議会として、引き続き地域に根差した活動を展開していく計画です。

 3月29日、支部としては最後となる幹事会が松山市内で開催され、二十余名が出席。本部から中野悦子理事長、四国支部から石井淑雄会長、泉雅文次期会長(JR四国会長)も出席しました。石井、泉両氏からはそれぞれ、「四国一丸となってオイスカ活動のさらなる活性化を目指していこう」との挨拶がなされました。36年前の発足時から活動を続けてきた数名の幹事諸氏も感慨深げで、懇親会では再スタートに向け大いに意気が盛り上がりました。

四国研修センター
地元綾川町の支援を得て 多目的広場がリニューアル!

2019年5月8日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

会員企業の協力を得て行われた修繕工事

新しくなった多目的広場

 
 3月25日、四国研修センターの多目的広場(以下、広場)が修繕工事を終えました。広場は、センターの式典や行事、朝夕の点呼や体操、国旗掲揚・降下といった日々の規律訓練に活用されているほか、研修生が余暇にスポーツを楽しむレクリエーションの場にもなっています。また、地域に開かれた施設でもあり、恒例のふるさと祭りや夜桜の会など、地域の方々が集まるイベントの会場となるほか、 小学生から高校生まで幅広い年代の近隣の子どもたちが、バスケットボールなどをするのにセンターを訪れ、広場を利用しています。

 地元からも愛される場となっている広場も、設置から25年が経過して傷みが進み、ひび割れが目立つようになりました。センターでは、転倒やケガなどを未然に防ぐため、修繕することを決定、3月に工事に着手しました。

 今回の修繕事業にあたっては、地域住民も頻繁に利用する施設であることに加え、2018年にセンターが開所50周年を迎えたことを記念して、事業費の50%にあたる補助金が地元の綾川町より交付されました。

 小野隆所長は「新しくなった広場に研修生たちの声が響いている。地域の皆さまの温かい支援に感謝しながら今後も人材育成に取り組んでいきたい」と感謝の言葉を述べました。