OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

フィジー政府との協約を更新 活動のより一層の活性に向けて

2019年1月7日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

協約書を手にする中野副総裁(左)、マタイトガ大使

センターで液肥づくりを学ぶ研修生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オイスカは1991年よりフィジー政府青年スポーツ省との協約により、同省が運営する国立青年研修センターを拠点に、農業研修を実施してきました。これまで600名以上の若者が研修を修了し、その中から100名以上が訪日研修に参加。帰国後は村のリーダーとなるなど、同国内の農業、観光、教育などさまざまな分野で活躍しています。2018年1月からは農業研修期間が半年から1年となり、より充実した研修が可能となりました。また環境保全活動として、93年からはマングローブ植林活動、03年にはサンゴ礁保全活動をスタート。地域住民やリゾートホテル、公的機関との連携・協働により、プロジェクトの持続性を高める取り組みを行っています。

 協約では、農業研修を担うオイスカの役割が明記されているほか、環境教育や保全活動の機会を研修生や地域住民などに提供することがうたわれており、現地の人々の環境に対する理解を促す役割が期待されています。

 今回更新時期を迎え、18年10月29日、オイスカ・インターナショナルの中野悦子副総裁とオイスカとイシケリ・ウルイナイライ・マタイトガ特命全権大使が、在日フィジー大使館で調印を交わしました。マタイトガ大使より、両国の若者の農業離れが懸念されている中で、オイスカの青年層に向けた研修実施の謝意が述べられ、オイスカが現地で活動することの重要性をあらためて認識する機会となりました。

大阪マラソン2018 寄付先団体として5度目の参加
ベストチャリティランナー賞の受賞も

2019年1月7日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

マラソン当日、チャリティランナーの受け付け会場入り口に設けられた、テーマカラーごとの応援ステーションでランナーを激励

 2018年11月25日、第8回大阪マラソンが開催され、オイスカは寄付先団体として参画、チャリティランナーの応援やサポートを行いました。大阪マラソンでは、チャリティ文化の普及を目指し、ランナーにとどまらずボランティアや沿道で応援する観客など、大会に関わる多くの人が、チャリティに参画できるなど、さまざまな企画を展開。7つあるチャリティテーマ(カラー)ごとに2団体が寄付先団体に指定され、全ランナーが自分が選んだチャリティカラーのチームに属する仕組みになっています。オイスカは「美しいまちと暮らしを支える」をテーマに掲げる紫チームとして参画。寄付先団体に選ばれるのは、今回が5回目となりました。

 「海岸林再生プロジェクト」(以下、プロジェクト)の趣旨に賛同し、7万円以上の寄付を募ってマラソンに出場するチャリティランナーを募集したところ、オイスカの法人会員やプロジェクトを支援する企業・団体から推薦されたランナーのほか、フィリピンからは訪日研修生OBらも駆け付け、43名がフルマラソンにチャレンジしました。
山口県からエントリーした柿沼(藤津)瑞穂さんは、14ある寄付先団体の全チャリティランナー777名の中で一番多額の寄付金を集めたことから、ベストチャリティランナー賞を受賞しました。オイスカのランナーが同賞を授与されたのは4回連続で、今回柿沼さんが集めた寄付金は65万円を超えました。マラソン前日の24日に開催された授賞式でステージに立った柿沼さんは、大阪マラソンアンバサダーの間寛平さん、ジミー大西さんからそれぞれ賞状と記念品を受け取り、「多くの方にご協力いただいた。恩返しのつもりでマラソンも頑張りたい」と抱負を語りました。マラソン当日は、多くの声援を力に見事完走を果たしました。

大阪城公園内で受け付けを済ませ、“チャリティランナー”のゼッケンを背にスタート地点に向かうランナー。次回大会からは大阪城がゴールとなる新たなコースに変更される予定

沿道の声援に応えるフィニッシュゲート目前の柿沼さん

 東日本大震災の長期復興活動として取り組む「海岸林再生プロジェクト」。時間の経過とともに被災地への関心が薄れていく中、3万人を超えるランナーが出場する国内最大級のスポーツイベントへの参画は、被災地やそこで進む取り組みに目を向けてもらい、マラソンを通じた支援の輪を広げるよい機会となりました。ご支援くださった皆さま、ありがとうございました。

 

メキシコ・「子供の森」計画
歴史ある環境を守ろう 子どもたちの育苗活動が広がる

2019年1月7日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

ポポロカ族の子孫であるナルリーさん。「自ら動くことが大切」というオイスカスタッフから教わった心がけを大切に、活動に取り組んでいる

 現在、世界36の国と地域で展開している「子供の森」計画。メキシコのテワカン=クイカトラン渓谷周辺地域では、地域の歴史ある環境を守ろうと、子どもたちが活動に取り組んでいます。

 メソアメリカ文明の発祥の地ともいわれるこの地域は、さまざまな種類のサボテンをはじめ北アメリカの半砂漠環境の貴重な生態系が維持されており、2018年に世界複合遺産に指定されています。周辺の学校では、この地域特有の自然環境や植物の育て方について、オイスカスタッフによるワークショップを実施しています。古くからこの渓谷に居住してきたインディオ民族ポポロカの子孫にあたる子どもたちも活動に参加しており、民族ゆかりの土地環境を守ろうと、家族や友人に呼びかけながら自宅や学校でも育苗活動を進めています。地域固有の自然環境を尊重した環境教育が、子どもたちの自発的な活動へと広がりをみせ、コミュニティ全体の活動への理解の深まりが期待されます。

オイスカの創立を記念して
「国際協力の日のつどい」を開催 SDGsへの理解を深める

2018年12月5日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

10月24日、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)にて、「国際協力の日のつどい」(以下、つどい)が催されました。これは、オイスカの創立記念日でもあり、国が定めた国際協力の日でもある10月6日前後に毎年開催している行事で、今年は持続可能な開発目標(SDGs)をテーマに講演、パネルディスカッションなどが行われました。

具体的なデータを示し、世界の現状、将来の予測を伝える赤阪氏

当日は全国の会員、支援者をはじめオイスカ国際活動促進国会議員連盟(以下、議連)メンバーなど約200名が参加。プレイベントとして開催されたミャンマーとフィジーからの「子供の森」計画子ども親善大使による活動報告会に続き、第一部では、 フォーリン・プレスセンターの赤阪清隆理事長が『日本の国際協力とSDGs』と題して講演を行いました。今後の世界がどのように変化していくのかを、人口や経済などのさまざまな予測データを活用して解説。また、日本のNGOが抱える課題などにも触れながら、世界共通の目標であるSDGsについて分かりやすく説明されました。

パネルディスカッションでは、「企業・団体の国際協力とSDGs」をテーマに、東京海上日動火災保険株式会社、オルビス株式会社の担当者が登壇。それぞれの社会貢献活動について紹介するとともに、コメンテーターとして迎えた外務省国際協力局参事官でNGO大使でもある紀谷昌彦氏を交えた意見交換を行いました。

第二部のレセプションでは、議連会長の石破茂衆議院議員が、今年は議連のメンバー2名がミャンマーとフィリピンのオイスカ活動現場を視察したことに触れ、オイスカが取り組む青年育成分野での役割に期待していると挨拶しました。ホンジュラス共和国大使のエクトル・アレハンドロ・パルマ・セルナ閣下はじめ14ヵ国の外交官や髙田川部屋の力士らも駆けつけるなど多彩な顔ぶれが集い、盛大な「つどい」となりました。

多くの来場者の記念撮影に応じる髙田川部屋の力士ら

拓殖大学と相互協力に関する協定を締結
オイスカの現場での活動を通じ 〝生きる力〞を育む教育を目指す

2018年12月5日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

協定書への署名を終えた中野理事長(左)と川名学長

オイスカの国内外の現場では、さまざまな教育機関などと連携し、ボランティアや研修プログラムといった形で青少年を受け入れ、農業体験や森林保全、外国人青年との交流といった体験の場を創出する取り組みを続けています。

そのような中、10月16日、オイスカは特別法人会員である拓殖大学と「相互協力に関する協定」を締結しました。これまでも同大学の学生を海外の現場で受け入れるなどの連携事例はありましたが、今回の協定締結は、その幅を広げ、さらなる人材育成や国際貢献の推進を目指すものです。

調印式で協定書に署名した川名明夫学長と中野悦子理事長は、それぞれ「先の予想できない時代を生きる〝タフな人材〞を育てるために、オイスカの現場での体験、貢献を通じた学びの場を学生に提供したい」「海外の人材育成を柱に活動してきたオイスカが、そのノウハウを活かし、日本の若者が知識偏重ではなく〝人間力〞を持って生きていくための貢献をしたい」と挨拶。同席したオイスカの会長も務める同大学の渡辺利夫学事顧問は「汗を流して共に活動することは、若者たちの気づきにつながると同時に、体験を共有した教員の成長にもつながる」と体験の重要性を強調しました。

今後は、国内外のオイスカの活動現場での同大学の学生の受け入れのほか、学術的な研究に関する情報共有なども進めていく予定です。また、これをモデルとし、さらに多くの教育機関との連携を広げ、青少年の育成に貢献していきます。