OISCA

文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

長年の積み重ねが大きな森と信頼を築く
タイにおける各種緑化プロジェクトが
災害に強いふるさとづくりを後押し

2019年3月5日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

パボンタオケンチャン村で進むゼンマイの栽培

 

 2018年12月8〜18日、「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」(以下、海岸林プロジェクト)担当部長の吉田俊通がタイを訪れ、オイスカの活動が進む北部のチェンライ県をはじめ南部のラノーン県など、各地でプロジェクトの視察、調査を行いました。オイスカは、東日本大震災を機にスタートした海岸林プロジェクトのほか、これまで各国で進めてきた緑化事業などを通じ、気候変動に適応した災害に強い森づくりの必要性を痛感しており、今回は、「森林などの生態系を活用した防災・減災」(Eco-DRR)の考えを基本とした新規プロジェクトの立ち上げを念頭に置いた視察、調査となりました。

こうした傾斜地でも飼料用トウモロコシ、陸稲、小豆などを栽培する北部タイの典型的な土地利用の状況

 16年6月からNGO連携無償資金協力(以下、N連)を得て進む「チェンライ県の山岳地帯の貧困層を中心とした対象地域における森林保全・再生と生計向上プロジェクト」(以下、プロジェクト)では、実施各地域の森林の状況に応じ、住民の自立した生活が可能となるよう、養蜂や山菜栽培などに取り組んでいます。

 パボンタオケンチャン村では、森林伐採により村内の約6haの池の水が干上がってしまったため、2001年に電機連合の支援により森林の再生が行われました。現在では植栽された森が成林し、年間を通して池の水は枯れることがなくなり、プロジェクトでは養魚のほか林床でのゼンマイなどの山菜栽培が進み、森を守りながら大幅に収入を上げることが可能となりました。

 対象地は、独自の生活文化を色濃く残す山岳地帯で、外部との接点も少なく、森林や環境保全に関する正しい情報の流入も限られている状況下で、土地の不法占有やモノカルチャー的農業、野焼きと山火事による煙害など数々の問題を抱えていましたが、行政当局が柔軟かつ果敢な政策を打ち出して、改善に向けて動いていることが確認できました。その行政とオイスカとが緊密に連携し合ってプロジェクトは進んでおり、また、本年6月のN連による支援終了後も住民の手で活動を継続していけるよう、その体制づくりにも取り組んでいます。

森林局の専門家の指導を受けながら育苗作業をする参加メンバーら

 このプロジェクトは、「子供の森」計画をはじめ、全国のオイスカ組織や支援企業・団体によって進められてきた森林の再生活動による成果とそうした活動を通じて地域住民と育んできた信頼関係の上に成り立っており、現場を訪れた吉田は、「住民参画と雇用創出、官民連携というオイスカらしさが存分に発揮されている」と感想を述べました。

 引き続き新規案件の形成に向け、各国と調整を進めていきます。

外国人人材受け入れのさまざまなニーズに対応
技能実習制度の優良監理団体に会員企業での‟トライアル”研修も

2019年3月5日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

山椒の計量作業を体験

 本年4月の入国管理法改正を前に、外国人人材を巡る動向が注目される中、オイスカは2月1日付で技能実習生の優良監理団体に認定されました。2017年11月に開始された新制度により、それまで3年だった実習期間が優良団体では最大5年となり、長期にわたる実習生の受け入れが可能となります。しかし、認定には実習生の待遇をはじめ、技能習得のための受け入れ態勢などにおいて、一定の要件を満たしていることが求められます。

 現在、オイスカが受け入れているのは、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、モンゴルの6ヵ国で、介護職種も各国で順次許可が下り、年内には介護の実習生の受け入れがスタートする見込みです。また、外務省からは大洋州島しょ国からの受け入れも要請されており、送り出し国の追加申請に向けた準備も進めています。

山椒農家から栽培のコツなどを学んだ

 18年12月10 〜14日、中部日本研修センターの研修生4名が、和歌山県有田川町でオイスカとして初となる新たな形の研修を行いました。これは、同県に工場を持つオイスカの法人会員である㈱全笑(本社:京都府)が企画したもので、海外への事業展開や技能実習生の受け入れなどを検討する同社が、外国人人材を正しく理解し、適切な対応をするための事前訓練として実施したものです。

 研修生は、同社の工場や同社が扱う山椒を栽培する農家などを訪れ、作業や講義を通じて多くの人と交流を深める中で、「説明を熱心に聞き、手際よく作業ができる」「コミュニケーション能力が高い」といった評価を得ており、外国人に不慣れな高齢の農家からも「外国人人材の受け入れに対する不安が払拭された」といった声のほか、同社の担当者からは、実際の受け入れを想定した上で「宿泊施設のほかにも息抜きができる場所を確保してあげたい」との意見も聞かれました。

 こうした〝トライアル〞研修は、将来的に、外国人人材の受け入れ現場におけるミスマッチを防ぐためにも有効であり、可能な限りニーズに対応していきたいと考えています。

宮城県支部
四国支部会長による講演で 〝元気な組織〞の運営を学ぶ

2019年3月5日 ( カテゴリー: 国内ニュース )

 1月21日、宮城県支部新春懇親会が(仙台市内)で開催され、幹事や会員ら約100名が集いました。26年にわたり同支部の推進にあたってきた小野喜代寿事務局長の退任に伴い、本部から参加した中野悦子理事長より感謝状が手渡され、参加者からも労をねぎらう声が聞かれました。

 また、四国支部から石井淑雄会長を講師として迎え、「オイスカと私」と題した講演が行われました。石井会長は、香川県内にある四国研修センターと支部の活動を〝両輪の輪〞と例え、域内の推進協議会との連携を密にしながらオイスカ活動の拡大に努めています。宮城県支部でも四国支部の取り組みに学ぼうと今回の講演が企画されました。

 講演では「四国支部では、会員1千件を目標に、役員一人ひとりが会員を増やそうとさまざまな工夫をしている。その思いが会員の中にも広がり、支部全体に仲間の輪を広げていこうという機運が高まっている」といった支部の運営体制や石井会長の組織拡大への想いが語られました。会場からは「大いに刺激を受けた」「会員として、できることから取り組んでいきたい」などの感想が聞かれ、今後の支部の活性化に向けた意欲をかきたてる講演会となりました。

 また、2月5〜10日には支部や福島推進協議会の会員を含む17名がタイを訪問し、チェンライ県で進む生計向上プロジェクト地の視察などを行いました。支部による海外訪問が企画されたのは4年ぶりでしたが、副会長2名も参加し、今後は海外のプロジェクト支援も積極的に進めていくことがあらためて確認され、有意義な訪問となりました。

熱い思いあふれる講演を行う石井会長

中華民国総会
会員大会に中野利弘副総裁が出席 青少年育成を中心に意欲

2019年3月5日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

同大会では、今夏開催のオイスカ開発教育専門学校の日本語研修にグループを派遣することも決定された

 2018年12月28日、台湾の台北市にある海外青年活動センターで、オイスカ中華民国総会会員大会が開催され、日本からはオイスカ・インターナショナルの中野利弘副総裁、岡田文弘参事が出席し、新しく就任した李政哲理事長のもと会員100名が集いました。
 
 大会では、18年における活動報告、決算報告がなされ、19年の活動予定、予算がそれぞれ採択されました。また、李理事長からは、オイスカ・インターナショナルの活動に対する支援として一万ドルが中野副総裁に手渡され、副総裁からは、中華民国総会の絶大なる協力に対し感謝の意が表されるとともに、今後とも本部と一体となってオイスカ活動に邁進してほしいとの挨拶がなされました。

 大会に先立ち、中野副総裁は新しく新北市に設置されたオイスカ事務所を訪問。李理事長をはじめ李煌淵秘書長ほか、新体制となった事務局との会合では、中華民国総会は今後、「子供の森」計画(以下、CFP)と青少年育成に力を入れるとの方針が示され、来年度のグローバルユースフォーラムを台湾で開催してほしいとの要望も出されました。今月は植樹節(孫文が逝去した日に遺志を継ぐという意味を込めて記念樹を植える)があり、その日に合わせてCFPの実施が予定されています。

ミャンマー・「子供の森」計画
環境教育のテキストが完成 参加校のさらなる活動活性化に期待

2019年3月5日 ( カテゴリー: 海外ニュース )

評価会には、活動に参加した全3 9 校から59名の教師が参加。
互いの学校の活動について共有、意見交換を行った

 ミャンマー農村開発研修センター(以下、センター)のあるマグウェ地域イェサジョ郡では、平均降雨量が年間500㎜ という厳しい気候条件にある上、薪炭林の過伐採などにより森林減少が進んでいます。この問題に対しオイスカは、住民の環境保全に対する意識の向上が不可欠であるとし、特に青少年に対する環境教育の機会や教材が不足しているという視点から、2017年1月から2年間、トヨタ自動車㈱の「トヨタ環境活動助成プログラム」の支援を受けて、植林活動を伴う環境教育の推進を行ってきました。

 植林対象となった39の学校および周辺地域では、乾燥に強い樹種や生物多様性の保全に向けて、ジンマーなどの郷土樹種7748本を植樹しました。地域住民による家畜よけの柵の設置などのサポートを受け、80%の生存率を達成しています。また、各校における自主的な活動を盛り上げることを目的に、地域の動植物の役割や特徴をまとめた環境教育のテキストを作成。テキストには木々や動物の名前が英語と現地語で記されているほか、森で見つけたものを自由に書き込んだり、絵に印をつけてビンゴゲームのようにして遊びながら学べるようになっていたりするなど、子どもたちが自ら考え、行動する力を引き出す工夫がなされています。2年間の総まとめとして対象校の教員向けに実施した評価会では、完成したテキストを用いて各学校でどのように活動を展開するかについて、意見交換が行われました。昨年12月にセンター周辺で開催されたエコキャンプでは、森の中で木々の名前を確認したり、子どもたちの自然観察にすでに活用され始めるなど、テキストを軸としたさらなる環境教育の活性化が期待されています。

 イェサジョでのこうした経験をもとに、19年度からはミャンマー農業指導者研修センターのあるマンダレー地域チャウマジ村でも、新たに活動がスタートします。乾燥した大地に緑が育つようにゆっくりと、しかし着実に広がり始めている活動の輪を、これからもサポートしていきます。

エコキャンプは2回に分けて実施し、合計118名が参加。テキスト(右)を用いて自然観察をする子どもたちの笑顔が多く見られた