OISCA

西日本研修センター

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

        

HOME > 「トピック」大分県でのオイスカ西日本研修生

大分県でのオイスカ西日本研修生
(有機農業研修生・チベット人のプンゾ)

大分県では暖かい心を持っている人々がたくさんいます。大分県は青い海とのどかな丘などの景色が近くにあります。10月31日と11月1日は、初めて、大分県でオイスカ西日本研修センターの海外研修生とオイスカ大分推協のメンバーと支援者との交流会が行われました。交流会は自己紹介で始まって、とてもいい思い出になりました。夕食はジャズレストバーで、とても美味しい日本料理をいただきました。支援者や研修達が様々な知識や生活などについての話交換が出来ました。私達はフィジーやインドネシアやミャンマーの踊りをしました。そして、ママランド(母になる地球)のパプアニューギニアの歌を唄いました。この交流会は笑いと暖かい会話でいっぱいでした。

交流会の後、研修生は、有名な四国風のうどんを味見しました。夜、男性研修生はカプセルの部屋を体験するため、宿泊をしました。私達にとってとても素晴らしいと面白い経験でした。女性たちはハイテックの日本風なホテルの部屋を体験しました。

皆がお別れ前に、大分推協の内田事務局長とホテルの近くで朝食を一緒に食べました。オイスカ大分推協の皆さんの親切さ、愛、ケアーとサポートを非常に感動をしました。本当にありがとうございました。

大分県行事

ピンゾック有機農業研修生・チベット人のプンゾ