OISCA

西日本研修センター

文字サイズの変更

オイスカホームページトップへ

HOME > アーカイブ

月間アーカイブ: 2016年7月

【トピックス】アトリエ木下スタジオの皆さんに感謝

満川会員になれました木下写場の会社があります。会社はスタジオ、結婚式のチャペル、レストランがあります。そちらの創業者がこちらの研修センターの2代目の所長ということで、6月30日ご招待を受けて研修生と職員と一緒に行きました。向こうに3時に着きまして、対面式ということで会社の方もその時休みでしたが出勤をしてくださいました。会長始め役員の方、スタジオの社員、スタイリスト社員、シェフの方々。約20名程度集まって、出迎えを頂きました。最初、会長の話がありまして自分の祖父が西日本研修センターの所長ということで社長のお父さんなど、皆集まって、研修生を歓迎してくださいました。スタジオで写真撮影は約1時間半でした。フランス料理も食べさせてもらいました。とても良い交流会になったと思います。(オイスカ西日本支部:満川 善雄)

ディマス

6月30日に参加を出来て、研修生の中で中々こういう経験がないと思いますので私達はラッキーだと思います。写真撮影は高いと思います。インドネシアでは一人の写真撮影が出来ないと思います。撮ろうと思ったら家族と一緒に撮ります。でもその時研修生一人一人写真を撮りました。私達のためにこの時間を作って、とても思い出に残ると思います。(国際ボランティア研修生:ディマス)

 

 

インタンこの間は本当に素晴らしかったです。出された食べ物は全て美味しかったです。食堂も見学をしました。食堂は狭いけれどきれいです。食べ物を準備する人も3人で大変だと思いますが良く出来ていて本当に素晴らしかったです。フランス料理ですが料理準備やプルゼンやタイムマネージメントなどを勉強させてもらいたいなと思いました。少ない人数で食べ物を作って、とても気に入ったので勉強をしたいです。(家政科研修生:インタン)

 

ルケ - Copyアトリエ木下のスタジオでの交流会はとても面白かったです。会長や社員の皆さんと交流が出来てとても良かったです。写真を撮る前に皆は自分の民族衣装を着ました。女性は色々なメイクをしました。女性の皆はとてもきれいな顔でした。その後、レストランで夕飯を食べました。色々な食べ物を食べました。最初に出されたスープはオイスカからのジャガイモでできていました。プルゼンがとれもユニークできれいなピンク色です。とてもスペシャルなディナーでした。メニューの名前は一番最初の文字がOISCAになっていました。メインコースだけではなく、デサートも最初の文字はOISCAになっていました。例えば飲み物、Oはオレンジーフラワー、Iはアイランドアイスティー、Sはシャーリーテンプル、Cはチャイナブルー、Aはアップルバックです。デサートにはOはオレンジームーズとバニラアイス、Iはアイスクリームと白いダンプリング、Sはストロベリーティラミス、CはココナツブランマンジェとAはアップルタルトです。本当に素晴らしかったです。(指導員研修生:ルケ)

 

リナセンターで作られた野菜とお米がいろいろな形にアレンジして夕飯会に使ってあり大変びっくりしました。センターではあまりアレンジしなくて、そのままを食べます。センターで採れた物があんなきれいな食べ物になるなんてすごく嬉しいです。センターでもやりたいと思っていますがその他の材料がないので味などが真似出来ないです。私はスタジオで写真を撮るのは初めてです。以前は人の前でポーズをするのが苦手でした。木下さんはいろんなポーズを撮らせてもらい、自分が箱の中から出てきた感じがしました。すごくフリーな気分が出てきました。美人な人ではなくても、木下スタジオがとっていただいたら美人になったと感じました。一時間半程スマイル、良い笑顔だけでした。皆のベストスマイルがでました。モデルの仕事とカメラマンの仕事って大変ですが素晴らしいだと思います。人を笑わさせるからです。悩みのある方はスタジオでプロの方に写真を撮ってもらったらきっと本当のあなたが出てきて幸せになると思います。(外国人スタッフ、アシスタント広報:ティアム リナ)

下の写真をクリックするとpdfの写真を見られます。

Slide1 Slide2 Slide3