HOME > 活動紹介 > 中国

中国

中国での活動は、1995年当時、上海駐日総領事館・小林総領事との香港での出会いがきっかけで、上海教育委員会との交流が生まれ、代表を日本に招聘し、オイスカの研修生修了式に参加するなどの交流が始まりました。「ぜひ中国にもセンターを」との要望があり、上海交通大学との連携が生まれました。一方、緑化活動では同じ時期、中国緑色時報より中国での植林に協力してほしいという要請を受けており、1999年、中野良子総裁が中国を訪問。江澤慧中国林業科学研究院院長との面談で中国における植林に関する要請を受け、2002年「日中青少年友好植林フォーラム」を重慶にて実施しました。

1999年には、中国林業科学研究院および中国緑色時報社の代表2名が、フィリピンの「子供の森」計画を視察。「中国でも青少年に意識の向上を」との思いから、植林フォーラムが重慶、湖北省、貴州省、内モンゴルなどで実施されました。また、植林においては、日中緑化交流基金の助成のもと、湖北省、重慶市、貴州省、海南省でモデル植林プロジェクトを実施。内モンゴルにおいては、沙漠化防止研究センターを設立し、沙漠における植林を行っており、湖北省宜昌においては、ツムラ株式会社の協力のもと植林を行っています。

重慶、宜昌、貴陽、安順市、海南省、内モンゴル阿拉善などで実施しているモデル植林プロジェクトは、林業局をはじめとする地方政府および住民に対し、植林の重要性を認識してもらうことに力を入れ活動しています。近年では、国家林業局を中心に植林に力を入れるようになってきており、今後に向けて明るい材料となっています。砂漠植林においては、日本より学生および一般の方々がボランティアで植林に参加するケースが多くなってきており、一歩一歩着実に砂漠緑化を実施しています。全くの砂漠状態だった土地ですが、現在、沙漠化防止研究センターの近くは緑が多くなり、生態系の豊かさが戻りつつあります。

今後は、植林を中心とする環境の改善に努めるとともに、住民の意識の向上も重要な課題として引き続き行っていく予定です。また、できる限りボランティアを組織すると同時に、交流を深めるために上海交通大学への専門家の派遣や、農業・林業を中心とした日本の大学との交流を推進しています。

上海交通大学オイスカ農業技術合作センター

場所: 上海市
活動開始年: 2002年10月
受入機関: 【協力】上海交通大学農学院
活動開始の背景 オイスカ流の農業を基盤とした人材育成を大学に取り入れて、より多くの人材の専門的な育成を行うことを目的として設立されました。中国の国立大学である「上海交通大学」との提携により「オイスカ農業技術学院」として、2002年10月に設立が実現しました。
活動概要 大学および学生の交流、各分野における専門家の派遣、技術交流など中国における農業(特に無農薬栽培)の発展のための活動をしています。
近況・今後の方針 2004年は、宮崎県の南九州大学の教授と学生が本大学を訪問し、講義や両校の交流を実施しました。また、同農学院の中に借り受けた30haの実験農場では、換算有機農法による野菜栽培を教えています。
今後も引き続き講師を派遣し、大学においての講義を行うとともに、南九州大学をはじめ、千葉大学、東海大学との連携を強めていきます。

内蒙古沙漠化防止プロジェクト

場所: 内蒙古自治区阿拉善盟
活動開始年: 2000年
受入機関: 内蒙古自治区阿拉善盟政府
活動開始の背景 内蒙古阿拉善左旗地域ではこれまで「子供の森」計画を試験的に行い、地元の中学生への環境教育・小面積の植林活動が行われてきました。その経験から、本格的な砂漠化防止のためには、木々の植林だけでなく地表を覆う草本類などの植生回復を含めた研究調査並びに、その普及が必要であることがわかりました。そして、地域住民の生活安定のため漢方薬の原料と関係する草本類の育成など、環境保全型の産業の研究・普及など包括的なアプローチを行う拠点作りの必要性を痛感しました。そこで2006年10月には、その拠点として内モンゴル阿拉善沙漠生態研究研修センターを設けました。
活動概要 センターは実験室のほか、宿泊施設も備えており、東京農業大学をはじめとする大学関係者の協力を得やすいように工夫されています。06年中には、樹木だけでなく地表を覆う草本類などを用いた植生回復術などの調査研究や基礎的データの収集に力を入れました。この地域では今まで一般の人の緑化への理解が低かったのですが、「緑の美しい故郷を取り戻したい」という現地スタッフの思いが通じ、地域の人々の意識が徐々に変わりつつあります。
近況・今後の方針  今後は、引き続き緑化活動を進めると同時に、緑化技術の調査研究と普及を行っていきます。また、乾燥地域の種々の問題に対する包括的な取り組みとして、地域住民に対して、堆肥作りや節水技術、自然エネルギー活用方法、漢方薬の原料となる草本類の栽培技術などの普及も行います。また、粘土団子を飛行機から蒔いて、広範囲の緑化を行う手法についても研究を進めます。
今後も、プロジェクト対象地域の砂漠化防止への足がかりをつけるとともに、あわせて地球レベルで深刻化する砂漠化を抑制する事業に取り組んでいきます。

宜昌市植林プロジェクト

場所: 湖北省宣昌地区
活動開始年: 2000年11月
受入機関: 中国緑化基金会
活動開始の背景 中国緑色時報より中国植林に対して協力してほしいという要望を受け、国家林業局の外部団体でもある中国緑化基金会をカウンターパートとして重慶植林フォーラムを実施しました。これがきっかけで、三峡ダムの出口である宜昌市林業局より、長江における水土流失を改善するための植林をしてほしいとの要請を受け、本プロジェクトを開始しました。
活動概要 主な活動は、長江における水土流失を改善するパイロットプロジェクト実施。植林と合わせて住民の理解を得るための活動や、青少年を中心とする交流を行ってきました。
近況・今後の方針 近年では、ツムラ株式会社の協力の下、植林と住民交流が行われました。住民の理解を得て、3年間で110haの植林を実施しました。現在は、宜昌市林業局が中心になって保全を行っています。

重慶植林プロジェクト

場所: 重慶直轄市巴南区
活動開始年: 2004年11月
受入機関: 中国緑化基金会
活動開始の背景 日中緑化交流基金の助成のもと、長江上流の重慶直轄市にて、三峡ダム周辺の水土流出を改善するために植林を行っています。
活動概要 重慶直轄市巴南区林業局と長江の水土流失を改善するモデルプロジェクトを実施しています。植林と同時に、住民へ植林がいかに大事かという説明や、住民との交流を主体に活動を行っており、初期の目標を達成しつつあります。
近況・今後の方針 2004年度は、静岡県支部から25名、中国側から250名のボランティアが植林に参加し、互いの親睦も深めました。今後は対象の地区を変え同様に住民への説明などをしながら、協力して植林、交流を行っていきます。

貴陽植林プロジェクト

場所: 貴州省緑化委員会 
活動開始年: 2002年11月
受入機関: 中国緑化基金会
活動開始の背景 日中緑化交流基金の助成のもと、貴州省貴陽市において貴陽市の水源地である花渓ダムの水源を守るためのモデル植林プロジェクトをしています。また、貴州省安順市黄果樹地区においては、アジア最大級と言われる黄果樹大瀑布(滝)の水源の機能が低下ているため、改善を目的とした植林を実施しています。
活動概要 柳、クスノキ、広玉蘭(ポプラの一種)などの植林を行っており、植林地の管理は花渓区林業局が担っています。また、中国緑化基金会とともに、花渓ダム周辺の住民に対して現地説明会を開催し、環境の重要性や植林の意味などの理解を促す活動をしています。
近況・今後の方針 平成19年には黄果樹地区において植林フォーラムが行われ、日本からはオイスカ静岡県支部の会員など15名が参加し、地元学生や住民の代表150名が出席して植林や交流会をしました。この植林フォーラムは次年も開催される予定です。

海南省マングローブ植林プロジェクト

場所: 海南省東大市
活動開始年: 2007年4月
受入機関: 中国緑化基金会
活動開始の背景 海南省は一年を通じて台風など強風による自然災害が深刻で農作物や住民にも被害が出ている場所です。このため、海岸防護林づくりが急務であり、中国緑化基金会からの要請により、日中緑化交流基金の助成を受け活動をしています。
活動概要 活動は、海岸防護林のパイロットプロジェクトとして実施。木麻黄を中心とした樹種の植林を行っています。
近況・今後の方針 2007年から実施しているプロジェクトですが、住民の理解が徐々に増してきています。今後は植林フォーラムなどの実施を通じて、日中間の交流も合わせて行っていく予定です。