HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2009年度当日レポート

「富士山の森づくり」2009年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

「富士山の森づくり」

 「富士山の森づくり」は今年で3年目を迎えます。本年度も引き続き、5〜6月の約1ヵ月の間に参加企業・団体の職員などがボランティアで植林作業を行います。なお、ボランティアによる植栽、下草刈りなどの活動は10年間を計画しており、専門家による保育、保全活動も長期的に実施していく予定です。
  また、昨年3月に発会した「富士山の森づくり」推進協議会は、現在、関係企業・団体、行政など23の組織が参加し、本事業のさらなる推進と普及に取り組んでいます。

 

2009年5月16日(土)

参加者: 日本再共済生活協同組合連合会関係者
     
3年目
参加者数:53名
植林本数:800本
植林面積:約0.8ha

▲「午後から雨」の予報を受けて、作業に入る前に記念撮影。ほんの一瞬姿を見せてくれたのは、富士山の感謝の意だったのかもしれません。

 9時20分、参加者を乗せた2台の大型バスが、ふじてん駐車場に到着。駐車場から望む富士山は、ガスに隠れて時折姿を見せる程度。早速、CO2排出量が少ない圧縮天然ガス燃料使用のCNGバスを含む、2台のバスに乗り換え、植林地に向かいました。バスに分乗した、山梨県県有林課の関岡真課長補佐ら2名のレクチャーを聞きながら植林地に到着。日本再共済生活協同組合連合会の小野寺良理事長と富士東部林務環境事務所・小林喜和所長の挨拶の後、全員で準備体操を行い、5班に分かれてそれぞれの担当区域で植林に取りかかりました。空を覆う雨雲を気にしながらの作業となりましたが、参加者は懸命に植林作業を行い、サクラ、ハンノキ、イタヤカエデ、ブナ、ミズナラ計800本を無事植え終わりました。


【植林の様子】  

























 

 







小学1年のA君は2回目の参加。「今年はお父さんじゃない人と一緒にやる!」と元気に宣言。でも、やはり鍬はまだ少し重そうでした。



富士山の森林の現状や植林の重要さについてレクチャーする山梨県県有林課課長補佐・関岡真氏。





 


最後の1本を植える。かなりガスがかかってきました。





【開会式】
・開会宣言 日本再共済生活協同組合連合会理事長・
        小野寺良氏
・挨拶 富士東部林務環境事務所所長・小林喜和氏

 

 

【閉会式】
・閉会宣言 日本再共済生活協同組合連合会専務理事・
         三ア誠一氏
・挨拶 公益財団法人オイスカ事務局長・永石安明
・「富士山の森づくり」の意義について
     富士森林施業技術研究所・松崎誠司氏

【バス内講義協力】
山梨県森林環境部県有林課課長補佐・関岡真氏 
山梨県森林環境部県有林課・穴井剛氏