HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2009年度当日レポート

「富士山の森づくり」2009年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

「富士山の森づくり」

 「富士山の森づくり」は今年で3年目を迎えます。本年度も引き続き、5〜6月の約1ヵ月の間に参加企業・団体の職員などがボランティアで植林作業を行います。なお、ボランティアによる植栽、下草刈りなどの活動は10年間を計画しており、専門家による保育、保全活動も長期的に実施していく予定です。
  また、昨年3月に発会した「富士山の森づくり」推進協議会は、現在、関係企業・団体、行政など23の組織が参加し、本事業のさらなる推進と普及に取り組んでいます。

 

2009年6月6日(土)

参加者:いすゞ自動車株式会社
2年目
参加者数:134名
植林本数:1400本
植林面積:約1.4ha

▲植林後に全員で記念撮影。みなさん作業を終えて充実した表情です。

 2年目の参加となるいすゞ自動車株式会社。この日はあいにくの雨模様でしたが、植林作業を始めると、徐々に天気も回復し、作業終了時には青空が広がりました。参加者は手際よく植林作業を行い、昨年よりも400本多い1400本を、予定よりも約1時間早く植え終えました。また、今回はいすゞ自動車株式会社・井田義則会長夫妻も参加。この「富士山の森づくり」に会社一丸となって取 り組む様子がうかがえました。


【植林の様子】  

昨年も参加されたご夫婦。植林後には「たくさん植えられました」とすがすがしく語ってくれました。

 
親子での参加。「2人で20本植えます!」と意気込み十分でした。



 

 


こだわりのお弁当箱はリサイクル可能。持ち帰って、会社に持参している社員の方もいるとのことです。

いすゞ自動車株式会社・井田義則会長夫妻。普段からよく庭仕事をされるそうで、この日も手慣れた様子で植林作業を行っていました。

【開会式】
・開会宣言 いすゞ自動車株式会社会長・井田義則氏
・挨拶 いすゞ自動車株式会社
       環境推進グループ・グループリーダー・平野幸夫氏
     公益財団法人オイスカ常務理事・廣瀬道男


 

【閉会式】
・閉会宣言 いすゞ自動車株式会社専務取締役・河ア英三氏
・挨拶 山梨県森林環境部県有林課課長・佐野克己氏
     いすゞ自動車株式会社会長夫人・井田美岐子氏
     山梨県森林整備生産事業協同組合
       専務理事・ 小俣洋氏 ほか


【バス内講義協力】
山梨県森林環境部県有林課課長補佐・関岡真氏
山梨県森林環境部県有林課・穴井剛氏
山梨県森林環境部
富士・東部林務環境事務所リーダー・山口高史氏
山梨県森林総合研究所・長池卓男氏