HOME > 活動紹介 > 日本 > 富士山の森づくり > 2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」2010年度当日レポート

「富士山の森づくり」のページに戻る

2010年5月22日(土)

実施企業:     
株式会社ニコン

●2008年からの参加、2回目の植林
●参加者数:173名(事務局・植林指導者などを含む)
●植林本数:1,300本
●植林面積:約1.3ha

植林前に参加者全員で記念撮影。撮影時には富士山はあいにく霧の中に隠れてしまいましたが、麓ではしっかり姿を現し、参加者を出迎えてくれました。
  株式会社ニコンは「富士山の森づくり」に参加して今年で3年目になります。昨年は2008年に植林した場所で、夏に下草刈りを実施し、社員約30名が参加しました。今回の植林には親子での参加者も多く、子どもたちも元気に作業を手伝っていました。
 この日は渋滞のため、参加者を乗せたバスの到着が遅れましたが、細かな旅程変更に対応したことで、ほぼ当初の計画通りに作業が進めることができ、予定していた1300本のほとんどを植えることができました。
≪植林の様子≫

↑植林開始前、念入りに植林地の位置を確認する関係者。参加者には一眼レフカメラを持参している方も多く、さすがニコン!といった風景。

 

   
←同社の寺東一郎副社長と社員の女性。寺東副社長は2008年の植林や昨年の下草刈りにも参加しており、今回初めて参加したという社員の方に植林方法を手ほどきしながら、手際よく植林されていました。





 


↑早朝からの植林作業で、思わずあくび。

←親子で力を合わせて、ウッドガードを取り付けます。学校で「エコ」について学ぶ機会もあるという女の子に、「勉強だけではなく、実際に環境のために活動する機会をもたせたい」ということで親子での参加を決めたそうです。








←お父さんの作業の様子をマネしながら、しっかりお手伝いしていた男の子。本当は3歳の弟とお母さんの家族4人で参加したかったということでしたが、弟は年齢制限で参加できないため、今回は2人での参加になったそうです。植林作業が終わり帰る際には、森林組合の方々の元へ駆け寄って「あとはよろしくお願いします!」としっかり挨拶していました。

 



↑作業を終えて晴天の下お弁当を食べる参加者のみなさん。

【開会式】
・開会宣言 株式会社ニコン副社長・寺東一郎氏
・諸注意 山梨県森林整備生産事業協同組合・小俣洋氏
【閉会式】
・閉会宣言 株式会社ニコン社会貢献室室長・安江浩司氏
・挨拶 山梨県森林環境部次長・山本正彦氏
・森づくりの意義についての説明 山梨県森林総合研究所主任研究員・長池卓男氏
・挨拶 公益財団法人オイスカ理事・廣瀬道男
【バス内講義協力】
・山梨県森林総合研究所主任研究員・長池卓男氏
・山梨県森林環境部県有林課 課長補佐・渡辺真悟氏
・山梨県森林環境部県有林課 課長補佐・穴井剛氏
・富士東部林務環境事務所県有林課長・窪田秀章氏



↑事務局を務めた、同社社会貢献室の担当者の方々。当日は突然のスケジュール変更などもあり、終始、携帯電話を片手に忙しく調整を行っていました。